ホームページ更新一覧
アーカイブ
検索
リンクスグループ
高品位印刷はココ!
アクセスカウンタ
今日 : 3806380638063806
昨日 : 5873587358735873
今週 : 1890318903189031890318903
今月 : 178265178265178265178265178265178265
総計 : 4494774449477444947744494774449477444947744494774
平均 : 1193119311931193
観光の想い出 勝浦かるた ―里海の情景― いいね よかったね/読み札 金子 良惠(文・書)/絵札 梶原 章子/制作・著作 春洋会
新刊情報
判型 : A4変形判 並製
頁数 : 224頁
定価 : 本体3,700円+税
発刊 : 2016年1月中旬予定
ISBN : 978-4-87586-485-1 C0071

大阪在住のかな作家・北田竹邨が書き上げた、典雅でたおやかな百人一首の世界。

◆関西を中心に活躍する現代かな書家・北田竹邨が書き上げた、
渾身の新刊「北田竹邨 百人一首」全100作品。
◆オールカラー掲載&開口本仕様で、作品鑑賞にお手本に最適な1冊。
◆さまざまなバリエーションの「散らし書き」が、かな書の学習と作品制作に役立ちます。
◆歌意に合わせて選んだ色とりどりの料紙が、典雅でたおやかな美の世界に誘います。
書ブログ ― 最新エントリー
第1回日本酒ラベルコンクールが
毎日新聞 8/14付 で紹介されました。


(クリックで拡大)



リンクスと第1回日本酒ラベルコンクールが
埼玉新聞 7/4付 で紹介されました。


(クリックで拡大)



リンクスと第1回日本酒ラベルコンクールが
日本経済新聞 6/19 埼玉・首都圏経済面で紹介されました。


(クリックで拡大)



リンクスアクセスマップ
リンクス出版 新刊情報
A4判 定価2160円 (本体2000円+税)
発行:翠風会
ISBN978-4-9905504-6-2

古屋朔雲(ふるやさくうん)先生は、群馬県に生まれ、その生涯のほとんどを群馬で過ごした書家です。朔雲先生は、近代書道の巨匠・鈴木翠軒に若くして入門し、以降一貫して翠軒流の書の美を追求した書家でした。
朔雲先生は、第二次大戦後まもない昭和25年に書道会・翠風会を設立して、その会誌『書源(しょげん)』を創刊し、これを拠点として自らの独特な書風を築かれました。
朔雲先生の書風は鈴木翠軒のそれを継承するとともに、流麗かつ柔和な独特な線条にいろどられています。その書風は多くの書道愛好家に愛され親しまれています。
時代とその生き方から生まれた朔雲先生の作品の数々は、その薫陶を受けた一人一人の胸中に生きつづけています。先生の作品と業績の真価を受け継ぎ発展させることは、翠風会会員一人一人の手に委ねられています。
私たち『書源」編集部は、朔雲先生の生前のご指導の言葉を想起しつつ、ご遺作に依拠して、ここに『翠風会 書道教本』を編集いたしました。この教本は、書道の全般的基本的知識や方法をはじめ、「さくうん流」の華麗かつ優美な書風をも学びとれるよう編集されております。
リンクス出版 新刊情報
A5判 定価864円 (本体800円+税)
著者 武井 実
ISBN4-9905504-0-0

書道を学ぶ上において、書道特有の用語を知っておくことは何よりも大切で、書の理解を促しまた書技の向上にもつながります。
本著は、書道用語をわかり易く解説するとともに、書道の用具用材の中でもっとも大切な「文房四宝」と呼ばれる、筆・墨・硯・紙について、また書作品の制作・鑑賞に役立つ、落款の書き方・印・十干十二支について、さらに中国と日本の簡単な書道史および略年表、そして歴代の書人にまつわるエピソードなどを掲載しました。
本著が書道を学ぶ方々の手助けとなり、書道を学ぶことの楽しさを味わっていただければ幸いです。
リンクス出版 書籍情報
A5判 68ページ
定価1,620円 (本体1,500円+税)
金子 春洋著
ISBN978-4-9905504-8-6

本書は、30有余年間教職に携わると共に書写書道の道を歩み、『なの花書道愛好会』および『書道書論研究会』の主宰を務めている女流書家金子春洋が、折々の思いを現代の言葉に紡いで、書による表現を試みた意欲作を収録いたしました。

本書の刊行に際しては、歌と書のコラボレーションで共演していただいている、オペラ歌手・二期会会員のひらやすかつこさんから、格別のご推薦をいただいております。