アーカイブ
検索
リンクスグループ
高品位印刷はココ!
アクセスカウンタ
今日 : 1111111111111111
昨日 : 7230723072307230
今週 : 3083030830308303083030830
今月 : 254707254707254707254707254707254707
総計 : 6498879649887964988796498879649887964988796498879
平均 : 1619161916191619

書ブログ - 盛人大学:ワンコイン書道が人気 「気軽に楽しく」−−川口 /埼玉

盛人大学:ワンコイン書道が人気 「気軽に楽しく」−−川口 /埼玉

カテゴリ : 
大学書道

  
touka 2013-11-25 11:25

毎日新聞 2013年11月20日 地方版より

 50歳以上の中高年が学ぶ川口市並木の「盛人大学」で、毎週木曜日に開催される「ワンコイン(500円)書道教室」が人気を集めている。同大副学長で毎日書道会会員の阿部晴山さん(73)の指導の下、修了生など約20人が学ぶ。「気楽に通える書道教室」を目指し、生徒らの交流の場にもなっている。

 書道教室は昨年8月の盛人大学キャンパス発足を機に、生徒5人でスタート。手本となる教材は、中国・唐時代から伝わる書道の手本「千字文」を、阿部さんが分かりやすく学びやすいように書き直した。

 教室では、「天地玄黄」「宇宙洪荒」などの四言詩を楷書、行書、草書の三つの書式を習得する。「ゆったりと一呼吸置いて」「筆を横に押した反動で書いて」。阿部さんからアドバイスを受けながら、生徒は用紙に筆を走らせる。阿部さんは「うまい下手でなく、自分の気持ちを筆に託し、楽しく書くことで自然と上達する」と話す。

 教室開設以来ほとんど毎回参加している同市中青木の角幡進さん(78)は「書道は奥が深い。仲間と一緒なので集中して学べる。字が下手だったが、筆で手紙を書いてみたい」。同市末広の永安照子さん(69)は「書道が好きだった父の影響で習い始めた。おしゃべりしながら楽しく学べる」と話した。

 40年前から妻の晴〓さん(70)と市内で書道教室を開く阿部さんは、これまでに生徒600人以上を指導してきた。「ワンコイン教室」の参加費は教材製作費などを除いて積み立て、先月発足した「親子日本語教室」の運営費支援に充てるなど、同大キャンパスを拠点にしたネットワーク作りにも貢献している。【鴇沢哲雄】

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://lincs.co.jp/modules/contents/tb.php/1359

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧