検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 3363
昨日 : 4599
今週 : 26348
今月 : 59166
総計 : 12250667
平均 : 2463
  • カテゴリ 書の万華鏡 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

書ブログ - しまなみ海道開通10周年記念で、村上三島作品展示

しまなみ海道開通10周年記念で、村上三島作品展示

カテゴリ : 
書の万華鏡

  
saku 2009-4-8 9:16

 しまなみ海道のほぼ中央、人口わずか約7000人(今年2月末現在)の「大三島」(今治市上浦町、同市大三島町)は、現在「アートの島」として独自色を強く打ち出している。「花とアートでつなぐ人・島・未来」をテーマに4月から秋まで続く、しまなみ海道開通10周年記念事業を展開する。

 
同島のアートを代表し、最も早く1982年に開館したのが「村上三島記念館」。大三島出身の書家、故・村上三島さんの作品約850点を含む書作品など約3800点を収蔵する。
4月29日開催のしまなみ海道開通10周年記念事業オープニングイベント「しまなみ祭」記念式典会場にもなる。

そのほか同島には、1986年開館で日本画や彫刻など約1000点「大三島美術館」、2004年開館で現代彫刻など31点を収蔵する「ところミュージアム大三島」があり、それぞれが同イベントを担い「しまなみアート」を演出する。

 村上三島記念館は、今月末から、しまなみ海道開通10周年を記念して村上三島が、「私の生れは 瀬戸内の大三嶋 近くの能島は 村上水軍の城」などと書いた、しまなみ海道関連の作品約10点を今月末から展示する予定だ。

 


                           

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://lincs.co.jp/modules/contents/tb.php/508

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧