検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 632
昨日 : 4603
今週 : 28692
今月 : 28692
総計 : 12220193
平均 : 2460
  • カテゴリ 書の万華鏡 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

書ブログ - 【書道ライフ~書道人口1000万人をめざす書道情報マガジン】第1号

【書道ライフ~書道人口1000万人をめざす書道情報マガジン】第1号

カテゴリ : 
書の万華鏡

  
saku 2010-2-3 9:17

【書道ライフ~書道人口1000万人をめざす書道情報マガジン】


2010/02/04発行 第1号


★書道について知りたい方に送る
書道あれこれ情報。おけいこから検定、塾経営、書道パフォーマンスや書道展・展覧会・ギャラリー・カルチャーセンターの情報、書写、書法、古典、文房四宝についてなど本格派の内容もお送りします。



■■□ 空前の書道ブーム? □■■
お正月のテレビ番組で、女子高校生たちがところ狭しと大きな筆を
ふるっている様子が大きな話題となりましたね。書道が教室を出て、
大観衆の目の前で書かれる時代が到来したようです。Σ(^∇^;)


去年の暮れ、この優勝校の書道パフォーマンスを埼玉・川口駅前で
取材しました。冷たい風のなかでも熱気のこもったパフォーマンスに
大勢のオーディエンスの拍手が大きく響きました。感動ものです♪


その様子の動画はこちら↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=596


空前の書道ブーム到来?ということで、これを機にはじめる方が増えるといいなっ!
風信子(^^)v


●話題の書道ドラマ・映画=======
(1)『とめはねっ!鈴里(すずり)高校書道部』(NHK総合木曜日 後8・00)


公式サイト
http://www.nhk.or.jp/drama8/tomehane/


こちらにも関連記事がありますよ!
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=610

そのほか、こんな情報も!

映画「書道ガールズ~わたしたちの甲子園~」(監督猪股隆一、主演成海璃子)
5月ロードショー決定!!
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/shodo-girls/


映画「書の道」上映中!!
公式サイトhttp://sho-no-michi.com/top.html


■■□藤原佐理「頭弁帖」を今秋、初公開!!□■■


日本書道史上に三蹟(さんせき)の一人として燦然として輝く
藤原佐理(ふじわらのすけまさ)の書状・「頭弁帖(とうのべんじょう)」が、
今秋広島県福山市で初公開されることが決まりました。


詳細は以下↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=615


■■□ 展覧会ぶらり訪問記?ビデオでご紹介 □■■
現代の書―新春展↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=605

□ これから開催の展覧会情報(◆=有料、◇=無料) □■■

◆2010. 2. 4~ 2.11 「第41回 現代女流書 100人展 併催:新進作家展」
東急百貨店 渋谷本店催事場(渋谷区 道玄坂2) 入場料600円
*毎日書道展の審査会員以上から選ばれた100人と、特別出品者4人、
昨年の毎日書道展で会員賞を受賞した新進作家12人が最新作を披露します。
会場では席上揮毫(きごう)会も開かれます。

◇12010. 2. 6~ 2.11 「第63回 書道芸術院展」
東京都美術館(台東区 上野公園) 主催:書道芸術院(代表:恩地春洋)
入場無料

◇2010. 2.12~ 2.14「 かな屏風展 併催:高木厚人プロデュース  百人一首展」
東京銀座画廊美術館[銀座貿易ビル]  (中央区 銀座2)
入場無料

◇2010. 2.13~ 2.17 「第1回 三駸書道会展」
東京芸術劇場展示ギャラリー(豊島区 西池袋1)
主催:三駸書道会(代表:金敷駸房)
入場無料

情報はこちらで随時更新しています↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=632


★☆ ほりけんのデジ文字コラム(パソコンと文字について)☆★
「辻」どんな字に見えていますか?
詳細は次回以降ご紹介いたします!


◆sakuのつぶやき
◆昨日もテレビで「なんでも鑑定団」を見ていたのだけれど、
またまだ個人の手元に名品とも思えるものが秘匿されているのだなぁ
と思いました。
◆世に骨董趣味といい、目利きを競うということがあるけれど、
芸術家たちの埋もれた名品が発掘され、新しい視点から再評価を
受けるシーンに出会えることは幸福なことでもある。
◆「頭弁帖」公開は、秋に予定されているので、そのときにはまた
話題がひろがることと思うけれど、書学書道史研究家の活躍のチャンス
でもあるだろう。


編集長 saku
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元のホームページ: http://lincs.co.jp/
発行:株式会社リンクス新規メディア推進室

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://lincs.co.jp/modules/contents/tb.php/635

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧