検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 240
昨日 : 4127
今週 : 23697
今月 : 23697
総計 : 12215198
平均 : 2459
  • カテゴリ 書の万華鏡 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

書ブログ - 津田峰雲氏『山頭火句碑採拓の旅』自費出版で刊行

津田峰雲氏『山頭火句碑採拓の旅』自費出版で刊行

カテゴリ : 
書の万華鏡

  
saku 2010-3-16 8:49

山口県下関市豊浦町室津下の書家、津田峰雲さん(75)が、漂泊の俳人、種田山頭火(1882~1940年)の句碑を訪ね、刻まれた句(書)の拓本をまとめ、自費出版した。

タイトルは『山頭火句碑採拓の旅』(瞬報社写真印刷)。


 山頭火は大正、昭和の初め、雲水姿で県内のほか九州や四国など各地を行脚し、俳句や書を残す。句碑は約500基ともいわれ、多くが山頭火の書から転写されている。「いろいろな顔をのぞかせる」(津田さん)山頭火の句に興味があり、拓本の採集を始めた。

 津田さんは山頭火が仲間と酒を酌み交わした其中庵(ごちゅうあん)(山口市小郡下郷)、川棚温泉(下関市豊浦町)など山頭火ゆかりの地を訪ね、15年をかけ約100基の句碑で採拓した。

  他に、山頭火の生家(防府市八王子)や句友だった俳人、故・近木圭之介さんの自宅(下関市長府中土居本町)の句碑など約40基も紹介、近木さんとのエピソードなども添えた。全カラーで100ページ。希望者には実費(5000円)で。

問い合わせは津田さん(083・772・1693)へ。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://lincs.co.jp/modules/contents/tb.php/746

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧