検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 654
昨日 : 4603
今週 : 28714
今月 : 28714
総計 : 12220215
平均 : 2460
  • カテゴリ 書の万華鏡 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

書ブログ - 樽本樹邨氏ら9氏、芸術院賞に輝く

樽本樹邨氏ら9氏、芸術院賞に輝く

カテゴリ : 
書の万華鏡

  
saku 2010-3-23 10:01

芸術の進歩に貢献する顕著な業績が認められた人などに贈られる今年度の日本芸術院賞の受賞者が3月18日発表され、書家で中京大学名誉教授の樽本樹邨さん(72)(名古屋市南区)が選ばれた。

 名古屋市瑞穂区出身。根っからの野球少年だった。しかし、中京大では部員が多くてボールさえ持たせてもらえず、2年で退部。「何か身につけて卒業したい」と一念発起し、バットを筆に持ち替えた。

中林子鶴さんに師事し、現在読売書法会の常任理事で、第27回読売書法展では総務部長を務める。
25歳の若さで日展に初入選したこともある。

 最初は「きれいな字を書きたい」という思いが強かったが、「重厚でごつい字」の魅力に目覚め、本格的に楷書(かいしょ)に取り組むようになった。


日本芸術院(三浦朱門院長)が3月18日に発表した今年度の日本芸術院賞受賞者9人は以下の通り。


 

 受賞者と対象作品などは次の通り。(敬称略)

▽山本文彦=洋画。二紀展出品作「樹想」

▽武腰敏昭(70)=工芸。日展出品作「湖畔・彩釉花器」

▽樽本樹邨(本名・樽本英信)(72)=書。日展出品作「富陽妙庭観董雙成故宅發地得丹鼎」

▽北川原温(58)=建築。「中村キース・ヘリング美術館」を建築した業績

▽粟津則雄=評論・翻訳。文学など芸術分野での長年にわたる活動

▽三世桐竹勘十郎(本名・宮永豊実)(57)=文楽。文楽人形遣いとしての高度な技による活躍

▽二世今藤政太郎(本名・中川昇一)(74)=邦楽。長唄界に尽くした業績

▽五世常磐津文字兵衛(本名・鈴木淳雄)(48)=邦楽。常磐津節の歌舞伎上演での演奏▽大野和士=洋楽。指揮者としての長年にわたる業績



山本氏と評論家の粟津則雄氏(82)、指揮者の大野和士氏(50)には恩賜賞も贈られる。

授賞式は5月31日、東京・上野の日本芸術院会館で行われる。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://lincs.co.jp/modules/contents/tb.php/760

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧