検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 453
昨日 : 4127
今週 : 23910
今月 : 23910
総計 : 12215411
平均 : 2459
  • カテゴリ 書の万華鏡 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

書ブログ - 【書道ライフ】第8号

【書道ライフ】第8号

カテゴリ : 
書の万華鏡

  
saku 2010-3-27 11:00

【書道ライフ】第8号


■■□ 選抜高校野球大会、校名プラカードの凛とした墨文字に惹かれます □■■

卒業式、入学式、結婚式。
多くの式典がひらかれる時期となりましたね。
案内状、看板、証書、礼状と筆文字にふれる機会がおおいです。
∩`・◇・)ハイッ!!

なかで注目したのが、
第82回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の校名プラカードの墨文字。
書いたのは「書の甲子園」(国際高校生選抜書展)での入賞校の高校生。
☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

凛とした緊張感のある文字に、身がひきしまります。

いま筆文字を書きたいとおもう若い人も増えています。
o(^o^)o ワクワク


若い人にとって魅力のある書の世界がひろがりつつありますね。


                    風信子(^^)v

■■□ 樽本樹邨氏ら9氏、芸術院賞に輝く!!■■□

芸術の進歩に貢献する顕著な業績が認められた人などに贈られる
今年度の日本芸術院賞の受賞者が3月18日発表され、
書家で中京大学名誉教授の樽本樹邨氏(72)(名古屋市南区)が選ばれた。
授賞式は5月31日、東京・上野の日本芸術院会館で行われる。

■■□ 舟遊びで、花見のご案内!! ■■□

◎毎年恒例の「小江戸川越春の舟遊」が開催されます
(4月3日~4) 川越市北公民館前=川越市氷川町107)。
舟から見上げる、桜の眺めは格別!しかも、乗船は無料です!!

例年、大変混雑をしていますが、1年に1度、このチャンスをお見逃しなく!
詳細につきましては、川越市川越駅観光案内所 (電話049-222-5556) へ。
川越市は、昨年1年間に市内を訪れた観光客が前年より3.8%増の
約628万人だったと発表しました。

統計を取り始めた1982年以降、最多です。
龍馬好きの”歴女”ばかりではなく、
海外からのお客様も増えているようですよ!!


■■□ 展覧会ぶらり訪問記? ビデオでご紹介 □■■

「第35回埼玉書道三十人展」
ビデオは以下↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=767

「かながわ書道まつりチャリティー展」
ビデオは以下↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=763

「デジタル書作家協会春の展覧会」
ビデオは以下↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=765

「第26回 書道日本社 選抜展」
ビデオは以下↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=750

■■□ これから開催の展覧会情報 (◆=有料、◇=無料) □■■

◆ 2010.3.1~4.24 書の美  
会津八一記念博物館  [早稲田大学校内](新宿区 西早稲田1)
有料(一般500円他)

◇ 2010.3.30~4.4
第34回 日本教育書道芸術院
 書作展  東京銀座画廊美術館[銀座貿易ビル](中央区 銀座2)

◇ 2010.3.30~4.4
現日書展 第50回記念行事 -Prologue- 現日の力  
鳩居堂画廊[東京鳩居堂 本店 4階](中央区 銀座5)

◇ 2010.4.1~4.6
第44回 精霊文社書展  横浜市民ギャラリー1,2階
[JR桜木町駅前ぴおシティ](横浜市)
主催:精霊文社


展覧会情報はこちらで随時更新しています
         ↓
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=727


★☆ ほりけんのデジ文字コラム(パソコンと文字について)☆★

いままでのあらすじ
筆、墨、硯、文鎮をゲットしてかなを始めたほりけん…

2週間ほぼ毎日書いておりますがいろはで四苦八苦しております。

教科書(私が生まれる前のです)の高野切、第一種~三種がのって
いたのですが、一種の華麗さ、二種の重厚さ、三種の若々しさ。

一生かかっても到達できそうにありません(涙というか当たり前???)

でも印と印泥と半紙(練習用と将来の本番?用)をゲットしましたので

(印は編集長に彫って頂きました。所要時間3分だそうです!!!
ありがとうございました。)

前進あるのみですね!



■■□ saku編集長のつぶやき □■■

◎今の時期、桜を素材とした作品を目にする機会が多い。
古来より、桜を詠む歌句が多いこともその理由のひとつだと思いますが、
年配の方は、この時期、旅立つ人が多く、
この幽明境を象徴する言葉に惹かれるだろうし、
若い世代には卒業に伴う別れを象徴する
キーワードになっていることとも思う。

◎桜前線も北上中。
花よりダン子、花見て一杯、書を見て一杯もありというところか。
                   編集長 saku


【書道ライフ~書道人口1000万人をめざす書道情報マガジン】 
     第8号 2010.03.25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元のホームページ: http://lincs.co.jp/
発行:株式会社リンクス新規メディア推進室

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://lincs.co.jp/modules/contents/tb.php/771

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧