検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 2823
昨日 : 4737
今週 : 12353
今月 : 85013
総計 : 12139714
平均 : 2452

書ブログ - <ビデオ>頬を紅潮させて成海璃子ら書道パフォーマンス―書道ガールズ 最高!!

<ビデオ>頬を紅潮させて成海璃子ら書道パフォーマンス―書道ガールズ 最高!!

カテゴリ : 
書の万華鏡

  
saku 2010-4-27 23:37

●緊張で頬染める成海璃子

実話を映画化した5月15日公開予定の『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』で、成海璃子や桜庭ななみらが、ファンキーモンキーベイビーズの主題歌「大切」の生歌に合わせて、大筆で書をしたためる書道パフォーマンスイベントを、4月27日に池袋サンシャインシティで行った。

会場となった複合施設「サンシャインシティ」(東京都豊島区)の噴水広場には2,000人の観衆が集まり熱気で包まれた。
関係者席には、彼女らの書道の指導にあたった石飛博光氏の姿も。



愛媛県立三島高校の書道部をモデルに、地元・四国中央市の全面協力のもと、ロケをした本作。
弱小書道部で、ひたむきに筆を走らせる“書道ガールズ”のパフォーマンスは、観る人の心を熱くするものと期待されている。

本作の役作りのため、石飛博光氏から書の猛特訓を受けたという成海璃子(17)、山下リオ(17)、桜庭ななみ(17)、高畑充希(18)、小島藤子(16)たち書道ガールズ5人全員が劇中の衣装である袴姿で現れ、凛々しい姿をお披露目した。


主人公で書道部の部長・里子役の成海は、「観ていただいた人に何かを感じてもらえれば」と苦労した書道シーンについてアピールしたのち、ファンキーモンキーベイビーズの歌に合わせて、書道パフォーマンスの筆をとった。


●一筆入魂のパフォーマンス 
最初に、縦4メートル、横6メートルの布の右上部に希望や憧れを象徴する5色の虹をカラフルに描くと、会場からの視線が集中。

つづいて、主題歌「大切」の歌詞をそれぞれが揮毫し、最後に、成海が20kgもあるという筆を手に、「絆」という大文字をしたためた。

身のたけほどの大筆の上と下を両手で持ち、北魏の楷書をベースにした大字だった。
逆筆の始筆も自然にこなし、見事な身体さばきだった。


無事、書が完成すると、成海ら書道ガールズたちはしばし放心状態――。

集まった2,000人が鳴り止まない拍手を送った。

書き終わって紅潮した表情の成海は「焦りました。やっぱり生ってことで、今まででいちばん緊張しました」と激白すると、
20キロの筆を操る成海さんのパフォーマンスを墨の入ったおけを持ってサポートした桜庭さんは「私がおけ(から墨)をこぼしちゃったらどうしようと思った」とほっとした笑顔。
書道部員・美央役の山下リオも「一心不乱に書いたって感じです」と、充実した表情で語った。

後ろで主題歌を歌ったファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤も「躍動感が背中越しに伝わってきました」と興奮気味に語り、本日は揮毫シーンのなかった先生役の金子ノブアキは余裕たっぷりに、「横で観てて体が熱くなりました」とコメント。

イベント会場は大盛況だった。

同映画で、成海らは1カ月以上の猛練習を行い、吹き替えなしで撮影に臨んでいる。再度、15時間の練習をしてこの日に備えた。

しかし、この日成海は極度の緊張からか、明け方から体調不良を訴え、午前中に病院で診察を受け急性胃炎と診断されたため点滴を受け、午後からの同イベントに備えたという。



4階まで吹き抜けになった広場に集まった観客らは、手拍子をしながらパフォーマンスを観賞。書が出来上がると成海らに大きな拍手を送っていた。

ほっと安堵の表情の成海には、やり遂げた達成感がみなぎり、輝いていた。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://lincs.co.jp/modules/contents/tb.php/810

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧