検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 1038
昨日 : 4511
今週 : 9796
今月 : 91214
総計 : 12010457
平均 : 2440
  • カテゴリ ビデオで書道展 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

書ブログ - ビデオで書道展カテゴリのエントリ

第27回 日本書道院選抜展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-17 9:58

第27回 日本書道院選抜展








開催期間:2010年11月16日~11月21日
AM10:00~PM6:00 (最終日はPM4:00まで)

開催場所:東京セントラル美術館・東京銀座画廊美術館
銀座貿易ビル5F・8F 中央区銀座2-7-18

主催:社団法人日本書道院

後援:毎日新聞社 (財)毎日書道会 (社)全日本書道連盟

永井暁舟二十五回忌展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-17 9:38

永井暁舟二十五回忌展



【会   期】 2010年11月15日~2010年12月11日
9:00~17:00 (土・日は15:00まで)

【会   場】 大東文化大学板橋校舎3号館4階ギャラリー
東京都 板橋区高島平1-9-1
【入 場 料】 無料
【出品作品】
「随」「馬耳東風」「祥」「龍」「秋風不断至」「延寿」「古壺新酒」など15点。遺愛の筆、用印や揮毫した臨書手本「白龍」なども。

【企 画】大東文化大学 書道研究所
【お 問 合 せ】 03-5399-7347

<ビデオ>永井對雲の書

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-11 20:08



【会 期】11/2(火)~7(日)
【会 場】費銀座画廊8F
【主 催】書の研究 白雲会(代表 永井對雲)

<ビデオ>第13回芳墨会書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-11 20:06



第13回芳墨会書展
【会 期】11/1(月)~7(日)
【会 場】京橋ギャラリー くぼた別館
【主 催】芳墨会(代表 田中豪元)

<ビデオ>第32回 翠心会書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-11 20:01







【会   期】 2010年11月9日~2010年11月14日
10:00~17:00 (最終日は15:00まで)

【会   場】 東京セントラル美術館 [地図]
東京都 中央区銀座2-7-18
【入 場 料】 無料
【主   催】 翠心会
【お 問 合 せ】 03-3564-1644

<ビデオ>SHO・W・書アート展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-11 19:58



【会   期】 2010年11月9日~2010年11月14日
11:00~19:00 (最終日は17:00まで)

【会   場】 鳩居堂画廊3階
東京都 中央区銀座5-7-4
【入 場 料】 無料
【お 問 合 せ】 03-3574-0058

<ビデオ>第34回 藍雲会書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-11 19:41



【会   期】 2010年11月9日~2010年11月14日

【会   場】 東京銀座画廊美術館 [地図]
東京都 中央区銀座2-7-18

入 場 料】 無料

【主   催】 藍雲会
【お 問 合 せ】 03-3564-1644


開催期間:2010年11月9日~11月14日 
午前十時~午後六時 

開催場所:東京銀座画廊・美術館 
中央区銀座2-7-18 
銀座貿易ビル七階03-3564-1644

主催:かつら会

後援:毎日新聞社 (財)毎日書道会 (社)創玄書道会 かな書道作家協会

<ビデオ>第1回 玉燕書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-11 19:35

開催期間:2010年11月3日~11月8日
10:00~18:00 8日は15:00まで

開催場所:東京芸術劇場 5F展示ギャラリー

後援:毎日新聞社 (社)創玄書道会 日本詩文書作家協会 書道研究洪鳳社

第2回金子大蔵書展
会期=11月3日~8日
会場(東京・池袋 東京芸術劇場5階展示ギャラリー





 金子大蔵は1973年、東京都生まれ。金子卓義に師事。毎日書道展審査会員。

今回は「古典との対峙」・母方の「祖父守男の句を書く」という2部構成。

 古典は、臨書「淳化閣帖羲之尺牘」「蘇馬湾刻石」「木簡」などの臨書。
創作「挙心」、「煙霞不遮梅香」「枯木龍吟鎖未乾」「天地之道恒久不己」の大作を主とした8点。

小品は、祖父の句「いっせいに扉が開く初電車」「そっとしておけば溶けさう白菖蒲」など36点。やわらかく、暖かさが伝わってくるところに持ち味がある。

 
第4回 安藤豊邨 詩書展
【会期】2010年11月2日-11月7日
【会場】東京銀座画廊・美術館
【主催】論古社

日本刻字協会理事長を務める安藤豊邨の第4回目の個展。
中国紀行書美を論じた自詠の漢詩100首を素材とした篆刻、刻字、篆書、隷書など。

当初は篆刻を中心とした小品展の予定だったが、制作意欲の高まりを抑えきれず、気宇壮大な大作展となった。

いずれも空間を圧する気の満ちた作で、また文人の画趣に富んだ作品群となっている。

とりわけ、2007年毎日展で文部科学大臣賞を受賞した刻字「瀬戸晴風満展堂 喜看清代紫砂壷… 」の作は、清代の紫泥の爪壷で淹れた茶を愛でた詩を素材としたもので、「雪乳香」という雪解けの水で淹れた茶の香りを彷彿させるという心境深いもの。
木目と胡粉の白がこの「雪乳香」のイメージにつながる清らかさで、渇筆の味を生かした線条は、まさに詩・書・刻一体の固有の世界となって見所は多い。


▲会場風景


▲刻字 「瀬戸晴風満展堂 喜看清代紫砂壷… 」


▲語らうひととき
第36回 創玄現代書展



【会   期】 2010年11月2日~2010年11月7日
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京セントラル美術館
東京都 中央区銀座2丁目7-18
【主な出品者】 (敬称略)
【主   催】 社団法人 創玄書道会
【お 問 合 せ】 03-3953-8349




第25回 望月翠山個展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-11-3 1:22

第25回 望月翠山個展

 2010年10月29日(金)~11月3日(水)

 銀座 松崎画廊 03-3564-0277

●望月先生は、1985年より連続25回の個展を開催。今年は84歳となる。
甲骨文の世界を主に表現している。












2002年には、中国の北京に招待されて、北京栄宝斎主催の「中日正常化30周年 望月翠山甲骨文書法作品展」を開催。
2006年にはイリノイ大学で書の実演・展覧会を実施。

書道同文会 代表作家展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-10-28 10:40

書道同文会 代表作家展







【会 期】2010年10月19日~2010年10月24日

【会 場】 会場:鳩居堂画廊3F・4F

【主 催】書道同文会 
     〒150-0043
      東京都渋谷区道玄坂1-15-3
         プリメーラ道玄坂605号
            TEL・FAX 03(3476)3390

<ビデオ>第35回玄黄会書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-10-28 10:32

第35回玄黄会書展




【会   期】 2010年10月18日~2010年10月23日
10:00~18:00 (最終日は16:00まで)

【会   場】 小津ギャラリー
東京都 中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル2階
【主   催】 玄黄会
【お 問 合 せ】 03-3662-1184

<ビデオ>第20回六書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-10-21 9:59

平成22年度 第20回六書展

【開催期間】:2010年10月20日~10月24日 
午前11時~午後6時(但し最終日は4時まで)

【開催場所】:東京銀座画廊・美術館
銀座2-7-18(銀座貿易ビル8階C室)03-3564-1644

【代  表】:山口如水

【特別出品】:石飛博光 金敷駸房



【問い合わせ先】 日本書道学会内 六書会

<ビデオ>平成22年度学院展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-10-20 10:15

書法学院(松浦邑僊学院長)の本展。

【会   期】 2010年10月19~2010年10月24日

【会   場】東京銀座画廊美術館

【入 場 料】 無料
【主   催】 書法学院  
        http://www.shodou.info/



▲会場風景



▲松浦邑僊学院長作品
「書の可能性を求め、自由な表現で心に響く作品の創造をめざす」を標榜する現代書展。前衛的表現の大作が中心で見ごたえがある。



【会   期】 2010年10月15日~2010年10月20日
第34回 布穀会展

【会   場】 有楽町朝日ギャラリー
         東京都 千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
【入 場 料】 無料
【主   催】 布穀会

中村素岳が主宰する墨光書道院主催の「第41回墨光書展」が、
2010年10月14日(木)から17日(日)まで埼玉県春日部市民文化会館で開催された(後援=埼玉県 毎日新聞社 埼玉新聞社 貞香会)。

貞香会系の中核社中であるだけに、強い線の漢字が主軸であるが近代詩文、かなの作品も。
主宰は、墨色も美しい行草三行の「独夜蕭然」。

※教育部 10月16日(土)~17日(日)

 「第34回玉羊書展」(財団法人書壇院、毎日新聞社など後援)が10月14日、鹿嶋市宮中の鹿嶋勤労文化会館で開催された(17日まで)。




 玉羊会が主催。
会場には、同市内で同会を主宰する財団法人書壇院常任理事で毎日書道展審査員の中井言玉「風華之瀟洒」ほかの作品。

会員59人が毎日書道展サイズの大作から半切までを中心に取り組み、オシャレ感覚もあふれた小品コーナーを設けていて好評。

第24回 西蓮會書展
-とどけ!感動の書-


赤平泰処・大正大学教授が主宰する社中展。75名が出品。
主宰は、「嶺上晴雲披絮帽」(蘇軾)の篆書。
先師中村素堂歌「ほこりたつ街ゆきめぐり帰りきて 眼にしずかなる墨がきの文字」の調和体の2点を出品している。

ともに澄んだ心境がうかがえる作。


開催期間:2010年10月8日~10月12日 
11:00AM~7:00PM(祝日1:00より、最終日6:00PMまで)

開催場所:かねまつHALL 
(銀座かねまつ6丁目本館5階) 
中央区銀座6-9-9(松坂屋向い)
03-3572-6285会場直通

主催:西蓮会

後援:毎日新聞社 貞香会



▲会場風景


▲会場風景


▲会場風景

<ビデオ>2010 group 遊書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-10-7 14:35

【会 期】10月4日(月)~10月9日(土)

【会 場】 文藝春秋画廊
中央区銀座5-5-12
(tel)03-3571-5494(fax)03-3571-7256

▲会場風景(1F)


▲会場風景(2F)

書泉会14人展



【会   期】 2010年10月5日~2010年10月10日
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京銀座画廊美術館
東京都 中央区銀座2丁目7-18
【入 場 料】 無料

【主   催】 書泉会
【お 問 合 せ】 03-3564-1644

【会   期】 2010年10月5日~2010年10月10日
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京銀座画廊・美術館8階
東京都 中央区銀座2丁目7−18 銀座貿易ビルメルサ銀座2丁目‎
【入 場 料】
【主な出品者】 (敬称略)
【主   催】
【お 問 合 せ】 03-3564-1644


▲会場風景


▲会場風景


▲会場風景


▲会場風景
【会   期】 2010年10月5日~2010年10月10日
10:00~18:00(最終日は16:00まで)

【会   場】 東京銀座画廊美術館
東京都 中央区銀座2丁目7−18 銀座貿易ビルメルサ銀座2丁目
【入 場 料】

【主   催】 書道芸術院
【お 問 合 せ】 03-3862-1954

会   期】 2010年10月5日~2010年10月10日
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京セントラル美術館
東京都 中央区銀座2丁目7-18
【入 場 料】 無料
【主   催】 財団法人 書道芸術院
【お 問 合 せ】 03-3862-1954

▲会場風景


▲会場風景


▲幹部壁面

<ビデオ>第33回 馨香会展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-10-7 14:12

【会   期】 2010年10月5日~2010年10月10日
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京銀座画廊美術館 [地図]
東京都 中央区銀座2丁目7-18
【入 場 料】 無料
【主   催】 馨香会
【お 問 合 せ】 03-3564-1644

創玄書道会理事長 石飛博光門下の20-30代の若手によるグループ展。
大作中心に、エネルギーと詩情あふれる作品群。


開催期間:2010年10月2日~10月4日 
10:00~19:00※初日のみ15:00開場

開催場所:タワーホール船堀 展示ホール2

後援:毎日新聞社 毎日書道会 全日本書道連盟 日本詩文書作家協会 創玄書道会 博光書道会




▲会場風景


▲会場風景


▲会場風景
小川天泉が会長を努める書道研究天心会主催の「第19回天心会書作展」が、9月30日から10月3日まで、埼玉・大宮ソニックシティー4階で開催されている。


小川天泉会長は、田園詩人・陶淵明「帰園田居」を素材に、退職後の自由な心境を吐露した行草。

鄭板橋の奔放な書法とあいまって味わい深い一作となっている。


▲会場風景


▲会場風景
第52回 目白会書道展
5年前に104歳で天寿を全うし世を去った仮名書道界の巨星・仲田光成(幹一)師亡き後、その志を継ぐ目白会会員30余名による新作での制作発表展です。「目白会」としての50回という節目を越え、歩み続ける会員の、仮名書の優美な力作群。
【会 期】 9月22日~28日
【会 場】  松屋銀座
【代 表】 仲田 史

<ビデオ>懐玉書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-9-30 14:01

【タイトル】懐玉書展
【主  催】 懐玉會
【会  期】9月25日~28日,
【会  場】埼玉会館第1,第2展示室
【会 期】 9月20日(月)~9月25日(土)
【会 場】 小津和紙ギャラリー



小津和紙舗で和紙漉きを担当の平澤桂子さんと、学芸員の今井香子さんのコラボ展。
使用済みの紅星碑の反故紙を再生し、利用しての作品制作であることからタイトルは、「蘇る紙展」。

紅星碑は楮を主体とする和紙とは異なることから、そのままでの再生では紙がもろくなることで苦心したという。

墨も混入することから純白紙は望むべくもないが、再生紙ならではの風合いもあり、作品化のひとつのかたちは示すことができている。


作者の今井香子氏は、産経国際書会審査会員/インテリアの書展創立委員/現日会同人・理事でもあることからこうした紙の特性を生かしての作品作りにチャレンジしたということでバラエティーに富んだ作品群となった。
【会 期】 9月28日-10月3日 
【会 場】 東京セントラル美術館
【主 催】 美術新聞主/萱原書房
【後 援】 全日本書文化振興連盟

<ビデオ>大峠 仁 個展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-9-30 13:35

大峠 仁 個展



【会   期】 2010年9月28日~2010年10月3日
12:00~19:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 ギャラリーニモード
東京都渋谷区神宮前5-23-3
  03-3407-2623

【入 場 料】 無料

【主   催】 青山学院大学 総合文化政策学部個展ラボ

漢字もかなも自在に書けることをめざす青年書道家の第一回個展。

可読性を意識しながらも、それにしばられるみとなく見えやすいフォルム・形・線の表現に挑戦している。

<ビデオ>桂会展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-9-25 10:01



【会   期】 2010年9月21日~2010年9月26日
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京セントラル美術館
東京都 中央区銀座2-7-18 銀座貿易ビル5階
【主   催】 桂会
吉本芳秋 第5回書と刻字作品展




9月21日~26日まで
大黒屋ギャラリー6F
2010年(平成22年) 秋の独立選抜書展



開催期間:2010年9月21日~9月26日 
午前10時~午後6時(最終日は午後1時まで)
開催場所:大田区産業プラザPiO

主催:財団法人独立書人団

<ビデオ>堀桂琴遺墨展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-9-21 19:06

堀桂琴遺墨展(9月21~26日、東京セントラル美術館)






 
▽屏風(びょうぶ)は芸術選奨文部大臣賞を受賞した「いろはうた」(84年)
▽「花のいろは雪にまがひて……」(小野篁、88年)など6点。
額は「枯山に雪しらじらと……」(北原白秋、73年)
▽「夕暮と雪明りとが……」(篠原梵)など8点。
軸は「こゑあげて一人幼子の……」(斎藤茂吉、73年)
▽「ふく風のこよひ涼しく……」(窪田空穂、同)など11点。
小品は「鳩子の海」(NHK連続ドラマタイトル、76年)
▽「旅人」など20点。
計45点を展示。(第15回桂会展を併催)。

 堀桂琴さんは1907年、山口県徳山市生まれ。比田井小琴さん、丹羽海鶴さんに師事。関東女流かなの第一人者で、キリッとして格調高い線のかなで知られた。桂会主宰。毎日書道展名誉会員。2002年に94歳で死去した。

<ビデオ>楽書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-9-21 19:02



中央大学で書道を学んだOBのグーループ展。
銀座・ギャラリー向日葵、9月20日~26日。


埼玉県越谷市に本部を置く、墨渚会の有力作家選抜による小品展。
しっとりした会場の雰囲気とも調和するモダンな作が目につく。

鬼頭墨峻理事長は、蘇東坡詩「金山夢中作」を素材とした洒脱な細字1点。主な出品は、荒井敬道、島村鳳岳、大谷洋峻ほか。

会   期=2010年9月14日~2010年9月19日
11:00~18:00(最終日は17:00まで)

会   場= 銀座清月堂画廊2階
東京都 中央区銀座5-9-15


●鬼頭墨峻先生プロフィール●
1941年 東京都生まれ。師は伊藤峻嶺氏。
1992年オリベッティ国際賞受賞。
【現職】
(財)日本書道美術院常務理事・一般審査員
(財)毎日書道会総務、毎日書道展審査会員
(社)全日本書道連盟参与
(社)書芸文化院理事、日本詩文書作家協会常任理事、高野山書道協会常務理事、
   越谷書道連盟顧問、墨渚会理事長


主   催=墨渚会 048-962-7788
慶應義塾大学書道会は創立90周年を迎え、文京シピックセンターで9月10日から13日まで記念展を開催した。

同大の創立者福沢諭吉をはじめ、西川寧、宇賀寿子、林錦洞、乾長江などの遺作も陳列された。

▲会場風景
日月書道会(横浜市神奈川区、棧敷東石会長)は、同会の創立40周年を記念して、9月14日から19日まで。東京都中央区銀座2の7の18 銀座貿易ビルの東京銀座画廊美術館で開催中です。


▲エントランス風景





▲会場風景
「棧敷東石書展」が9月14日開幕し、19日まで東京銀座画廊・美術館で開催されている。

漢字とかなを調和させるという戦後日本書壇の課題を担い、書業40年を記念する大きな節目の個展となった。


▲会場全体風景


▲エントランス風景

 棧敷東石さんは1944年、横浜市生まれ。漢字は太中道節さん、かなは竹田悦堂さんに師事。日月書道会を主宰。毎日書道展審査会員。

 
正面の壁一面には大作「三十六歌仙の歌」(60センチ×180センチ×14枚)が掲げられ、やわらかな線がいくつもの集団を構成し、景色をなす。


▲「三十六歌仙の歌」


『和漢朗詠集』秋の一節(53センチ×153センチ×8枚)は、和歌、漢詩という二つの言語表現を、書の漢字、かなという書表現での調和という課題に挑戦して固有の世界を展開する意欲作などが目につく。



 
書の国際的な紹介活動と個展での固有の世界の発表を両輪として意欲的に活動する濱崎道子の個展。

今回展テーマは、「いのり」。

さまざまな祈りとの出会いが表現されています。


会期: 2010年9月14日(火)~19日(日)
            11:00~19:00

会場: 銀座鳩居堂画廊 4F
℡:   03-3574-0058
東京メトロ銀座線 A2出口前



▲会場風景ビデオ


▲会場風景ビデオ

※『毎日佳境 清水比庵・窓日彫拓本集』の著者としても知られています。

「濱崎道子書の世界」のホームページは以下
      ↓
http://www.michinokai.com
第19回 こすもす書展 (佐藤桂苑会長)
会   期= 2010年9月9日~2010年9月12日
      10:00~18:00(最終日は17:00まで)

会   場= 川口総合文化センター
        埼玉県 川口市川口3-1-1
入 場 料= 無料

【主   催】 秋桜書人会 048-222-6353(桜井 靖雲)







佐藤桂苑会長の秋桜書人会主催の第19回展。
大字かなを主に、細字の巻子など。漢字は和様の行草、王鐸など明清調のものから、隋唐の臨書なども。毎日展出品作との2点出品も目につく。
会場は川口だが、出品者は八王子など首都圏からが多いという。
「第54回埼玉書道展」(県書道人連盟など主催)が9月9日、さいたま市浦和区常盤9の県立近代美術館で始まった(12日まで)。

 漢字、仮名、調和体、少字数、篆刻(てんこく)・刻字の5部門の770点を展示。

 主な受賞者は以下の通り。

<漢字>知事賞 大西翔芳
▽県芸術文化祭実行委員会会長賞 栗林智美
▽県美術家協会賞 中野蘭葉
▽毎日新聞社賞 大仲錦翠

<仮名>知事賞 小林麻友美
▽県芸術文化祭実行委員会会長賞 渡辺孝子

<調和体>
知事賞 山下清翠
<少字数>県議会議長賞 小林江睿
▽県芸術文化祭実行委員会会長賞 石井孝翠

<篆刻>県教育長賞 深井觀城


▲役員壁面



▲役員壁面


▲入賞者壁面



▲入賞者壁面
『佐々木鐵仙・韓 泰相日韓二人展』が8月31日 、東京鳩居堂画廊(東京都中央区銀座5-7-4)で、開幕した(9月5日まで)。

大阪府茨木市に本部を置く日本書道学士院を主宰する佐々木鐵仙は、"書芸アーティスト"として、書・画・篆刻・詩文を渾然と融合した固有の世界を構築し、近年は国際的な活動をしていることで知られる。


2007年に「世界書道全北ビエンナーレ・日本代表作家招待出展 」に招かれたことを機に韓国でも活動の場を広げ、気鋭のアーティスト・韓 泰相(한태상.ハン・テサン)と共感。

2009年には、韓国・ソウルの仁寺洞・耕仁美術館にて「鐵仙・韓泰相/日韓二人展」を開催、大きな反響を得た。


●佐々木鐵仙氏のホームページは以下。 http://www17.ocn.ne.jp/~tessen/home.html

今回は、その「二人展」の日本での開催となった。

韓 泰相(한태상.ハン・テサン)は、月刊誌「pen」7月号の特集<書のチカラ>中に、「世界を席巻する、日・中・韓の現代書家」として紹介された実力作家。

主な作品は、キャンパスの上に子音と母音に解体されたハングル文字の破片が、再構築され、テラコッタを使った立体化が試みられ、瓦当の造形を意識しながら、「新しい伝統」へとチャレンジしている。


日本では「書道」、中国では「書法」と呼ばれるが韓国では「書芸(서예)」という。

ところが韓泰相の作品は、伝統的な書とは別の現代アートといった趣きを感じさせる技法が斬新だ。




▲鳩居堂画廊3F「佐々木鐵仙」コーナー


▲鳩居堂画廊3F「佐々木鐵仙」コーナー


▲鳩居堂画廊4F「韓 泰相」コーナー


▲鳩居堂画廊4F「韓 泰相」コーナー


▲鳩居堂画廊4F「韓 泰相」コーナー

第31回 日藝選抜書展

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-9-2 3:51

書道研究日藝社(山崎知堂会長)は、日本文化の書道を継承し、その中で書技の向上と現代感覚を養いながら書人の輪を作ることを目的に、第31回 日藝選抜書展を8月31日(火)~9月5日(日)の間、東京銀座画廊で開催している。



同会の詳細は、以下のサイトでごらん下さい。

http://www.nichigeisya.com/index.htm
書道研究晴山会(阿部晴山代表、埼玉県川口 http://www.cablenet.ne.jp/~seizan/
主催の「第21回晴山会リリア書展」が8月26日、JR川口駅西口の川口総合文化センター・リリアで始まった。

大字かな作品を中心に、120点を展示。8月29日まで。入場無料。
今回は「三国志漢詩紀行」がテーマに、映画「レッドクリフ」でも有名な「赤壁賦」「後赤壁賦」などを素材に、背中国・戦国時代の人物像を配して悠久のロマンに挑戦した。

代表は、諸葛亮が主君の劉禅に送った上奏文「出師表(すいしのひょう)」を出品。会員21人が、「赤壁賦(せきへきのふ)」を連作した作品などが並んだ。阿部さんは「中国書道史の中でも三国志は名高い歴史故事であり、文字や文学の背景にある人間的葛藤が浮き彫りにしたかった」と話した。




<ビデオ>「十三の漣展」

カテゴリ : 
ビデオで書道展

  
saku 2010-8-26 11:13

「読売書法会 かな部理事 十三の漣(さざなみ)展」

会期:8/21~8/30


会場:京王プラザホテル(ロビーギャラリー)
〒160-8330
東京都新宿区西新宿2-2-1
03-3344-0111

出品は、稲田静子、大石三世子、尾崎洋子、小林ミリ、柴田多計子、鈴木華水、田中佳寿、鳥井美知子、原奈緒美、前田明子、前遊舟、由井孝枝、和田澄子 の13氏。
小品から大作屏風など、華麗にして品格の薫る作品群。