アーカイブ
検索
リンクスグループ
高品位印刷はココ!
アクセスカウンタ
今日 : 2039203920392039
昨日 : 9775977597759775
今週 : 3026330263302633026330263
今月 : 284639284639284639284639284639284639
総計 : 7156408715640871564087156408715640871564087156408
平均 : 1756175617561756
  • カテゴリ 書道展・美術展案内 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

書ブログ - 書道展・美術展案内カテゴリのエントリ

玄筆会選抜書展が平成28年12月8日(木)~11日(日)、東京都台東区上野の日展新会館で開幕します。 http://www.geocities.jp/genpitsukai/

第25回筆之友選抜書展

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
touka 2016-8-8 11:49

第25回筆之友選抜書展が8月17日、東京都文京区後楽の日中友好会館で開幕します。

現代の書新春展

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
touka 2016-1-6 14:47

2016 現代の書 新春展―今いきづく墨の華(主催・毎日新聞社、毎日書道会)が
5日~11日まで東京・銀座の和光ホールとセントラルミュージアム銀座で開催中です。

現代の書新春展が開幕 東京・銀座(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160106/k00/00m/040/002000c

第11回なの花書道展

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
touka 2014-6-17 17:57




毎日新聞 2013年07月24日 地方版 より

 筆の友書道会(大野祥雲会長)の創立60周年を記念する第45回筆の友書道会展が23日、高知市九反田の市文化プラザかるぽーとで始まった。児童生徒の作品を集めた第11回筆の友学童生徒書展も同時開催されている。28日まで。

 筆の友書道会は、書道振興と書写教育推進を目指して活動する書道団体。高知大などで書道を教えた書家の松岡雲峰さん(1911〜94年)が、教育現場から書道を普及させようと53年に設立し、今年60年を迎えた。

 錬成会などから選び抜いた会員の力作201点を展示。会長賞に▽朝倉希代子さん(高知市塩屋崎町)▽尾崎仁水さん(いの町枝川)▽坂本明翠さん(南国市小籠)▽杉尾天風さん(室戸市領家)▽都築美峰さん(高知市塚ノ原)▽野村丞子さん(同市鴨部)が輝いた。

 ◇学童生徒書展も

 県内の書道教室に通う子どもたちの作品は、硬筆、毛筆、条幅の各部門で上位入賞した2083点が並んでいる。会場で課題の字を書き上げる「席書き会」も実施し、毛筆、硬筆各部門の入賞作101点も展示され、訪れた人たちは力強い線や伸びやかな筆づかいに見入っていた。

 28日午前10時から、恩地春洋・書道芸術院会長による記念講演があり、「現代書と高知」をテーマに話す。入場無料。【最上和喜】

 9月に仙台市で開催される第65回毎日書道展東北仙台展(毎日新聞社、一般財団法人毎日書道会主催)の実行委員会が7日、同市内で開かれ、運営方針や役員人事などを承認した。この日は、青森市で9月に開く毎日書道展第65回記念毎日現代書巡回展青森展についても話し合い、青森、岩手、宮城3県の書家が協力して成功を目指すことも確認した。


 東北仙台展は、日本最大規模の公募展である毎日書道展の巡回展の一つ。9月13~18日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークを会場に開き、宮城、青森、岩手3県在住者の入賞・入選作品と審査会員、会員、会友の作品を中心に展示する。


 青森展は、毎日書道展が65回の節目を迎えたことを記念して全国10都市で開く巡回展の一つ。9月21~29日、青森市安田の県立美術館で開かれ、中央書壇作家や3県の書家の作品を中心に展示する。


 実行委の主な役員は次の通り。(敬称略)


 【東北仙台展】委員長=後藤大峰▽副委員長=寺田沙舟、菊池春苔、佐藤無極▽総務部長=尾形澄神▽陳列部長=渡邊シゲノブ▽祝賀会部長=太田蓮紅▽高校展部長=菅野珠光


 【青森展】委員長=坂本素雪▽副委員長=米澤小蘭、小野澤旭堂、寺田沙舟、吉澤瓔香、工藤永翠、佐藤香山、後藤大峰、菊池春苔▽総務部長=米澤小蘭▽陳列部長=長尾泰邨▽祝賀部長=寺田沙舟▽高校展部長=吉澤瓔香

日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 特別展「書聖 王羲之」

平成館 特別展示室 2013年1月22日(火) ~ 2013年3月3日(日)



中国4世紀の東晋時代に活躍した王羲之(おうぎし、303~361、異説あり)は従来の書法を飛躍的に高めました。生前から高い評価を得ていた王羲之の書は、没後も歴代の皇帝に愛好され、王羲之信仰とでも言うべき状況を形成します。王羲之の神格化に拍車をかけたのは、唐の太宗皇帝でした。

太宗は全国に散在する王羲之の書を収集し、宮中に秘蔵するとともに、精巧な複製を作らせ臣下に下賜して、王羲之を賞揚したのです。
しかし、それゆえに王羲之の最高傑作である蘭亭序(らんていじょ)は、太宗皇帝が眠る昭陵(しょうりょう)に副葬され、後世の人々が見ることが出来なくなりました。
その他の王羲之の書も戦乱などで失われ、現在、王羲之の真蹟は一つも残されていません。そのため、宮廷で作られた精巧な複製は、王羲之の字姿を類推するうえで、もっとも信頼の置ける一等資料となります。

この展覧会では、内外に所蔵される王羲之の名品を通して、王羲之が歴史的に果たした役割を再検証する。

●開催概要
会 期 2013年1月22日(火)~3月3日(日)
会 場 東京国立博物館 平成館(上野公園)

●開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、3月1日(金)は20:00まで開館)
休館日 月曜日 ※ただし2月11日(月・祝)は開館、翌12日(火)は休館

●観覧料金 一般1500円(1300円/1200円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料
* ( )内は前売り/20名以上の団体料金

2012年3月の書道展案内

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
saku 2012-2-29 10:31

●第25回全国シルバー書道展(京都展)

2012年3月2日~2012年3月4日
日本書芸院

会場:京都府京都文化博物館 / 最寄駅 : 烏丸御池駅


●花園大学書道コース卒業制作展

2012年3月2日~2012年3月4日
花園大学

会場:日図デザイン博物館 / 最寄駅 : 東山駅


●第18回 誰でも出せて誰でも出せない書展 -古典臨書展

2012年3月1日~2012年3月4日
古典臨書研究会

会場:さざんかホール / 最寄駅 : 高田駅


●第26回鶴聲会書展

2012年3月2日~2012年3月4日
鶴聲会

会場:弘前市立百石町展示館 / 最寄駅 : 弘南鉄道中央弘前駅


●第10回泰濤書道館作品展 「私の書跡’12展」

2012年2月29日~2012年3月4日


会場:アートプラザ / 最寄駅 : JR「大分」駅


●名筆へのいざない深遠なる書の世界

2012年1月1日~2012年3月4日
海の見える杜美術館

会場:海の見える杜美術館 / 最寄駅 : 宮島口駅


漢才和魂

2012年3月2日~2012年3月4日
助野 功

会場:兵庫県民会館 / 最寄駅 : 地下鉄山手線「県庁前駅」


●第29回 財団加盟美術団体選抜展

2012年2月28日~2012年3月4日


会場:豊橋市美術博物館 / 最寄駅 : 豊橋公園前駅


●36回翠篁会書展

2012年3月2日~2012年3月4日


会場:川越市立中央図書館 / 最寄駅 : 本川越駅


●書道の大学卒業個展

2012年2月28日~2012年3月4日


会場:佐賀県立美術館・博物館 画廊・研修室 / 最寄駅 : JR「佐賀」駅


●名古屋市髙年大学OB 第8回 燦々書道会作品展

2012年2月28日~2012年3月4日
燦々書道会

会場:名古屋市民ギャラリー栄 / 最寄駅 : 栄駅


●2012・ZERO展

2012年2月28日~2012年3月4日


会場:大阪市立美術館 / 最寄駅 : 天王寺駅


●立正大学書道研究部 卒業展

2012年3月1日~2012年3月4日


会場:オレンジギャラリーA~E室 / 最寄駅 : 池袋駅


●松浦江秋 書作展

2012年2月28日~2012年3月4日
松浦江秋

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●第51回昭美展

2012年2月29日~2012年3月4日


会場:名古屋市博物館 / 最寄駅 : 名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」


●第32回 清真書道会代表者作品展

2012年3月2日~2012年3月4日
清真書道会

会場:奈良県文化会館 / 最寄駅 : 近鉄奈良駅


●一字の書

2012年2月28日~2012年3月4日
草庵

会場:福岡市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄「天神」駅


●第48回純正書道展

2012年2月28日~2012年3月4日
純正書法連盟

会場:神奈川県民ホールギャラリー / 最寄駅 : 関内駅


●[コレクション展示]近現代の書

2012年1月31日~2012年3月4日


会場:群馬県立近代美術館 / 最寄駅 : JR倉賀野駅


山口市美術展覧会

2012年2月25日~2012年3月4日
山口市
主催詳細: 山口市 山口市教育委員会  山口文化協会 おごおり文化協会

会場:山口市民会館 / 最寄駅 : JR「新山口」駅


●新年度に向け輝く書展 -夢見月の弥生から初夏の 卯月へと向かう候 見ま書、考えま書、そして みんなで楽し

2012年3月2日~2012年3月4日
広島習字倶楽部

会場:広島県民文化センター / 最寄駅 : JR「福山」駅


●第9回書の小品展

2012年3月2日~2012年3月4日
坂戸市書道連盟

会場:坂戸市文化会館 / 最寄駅 : 北坂戸駅


●東京書作展 選抜作家展2012

2012年2月28日~2012年3月4日
東京新聞

会場:東京銀座画廊美術館 / 最寄駅 : 銀座一丁目駅


●大正大学 書道研究部 卒業記念書展

2012年3月1日~2012年3月4日
大正大学 書道研究部

会場:ORANGE GALLERY / 最寄駅 : 池袋駅


●堀田小葉書作展 あじさい会展

2012年3月1日~2012年3月4日


会場:銀座かねまつホール / 最寄駅 : 銀座駅


●第31回日本刻字展 併催:第6回高校生展

2012年2月28日~2012年3月4日
日本刻字協会

会場:東京銀座画廊美術館 / 最寄駅 : 銀座一丁目駅


●玉青会書展

2012年2月28日~2012年3月4日
玉青会

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●平成23年度長崎県書道協会 心の鏡選抜書展

2012年3月3日~2012年3月4日


会場:諫早文化会館 / 最寄駅 : JR「諫早」駅


●第40回国際書道連盟展

2012年2月28日~2012年3月4日
中川汀雨

会場:東京セントラル美術館 / 最寄駅 : 銀座一丁目駅


●平成23年度別府大学書道選抜展

2012年3月1日~2012年3月5日
別府大学書道研究室

会場:iichiko総合文化センター アトリウムプラザ / 最寄駅 : JR「大分」駅


●群像舎 書展

2012年2月29日~2012年3月5日
群像舎

会場:旭川市民ギャラリー / 最寄駅 : 旭川駅


●第51回 全県新年書きぞめ展

2012年3月2日~2012年3月5日


会場:秋田県立美術館 / 最寄駅 : 秋田駅


●玄土社 古典臨模 30年記念東京展

2012年2月29日~2012年3月5日
玄土社

会場:吉田苞竹記念会館 / 最寄駅 : 六本木一丁目駅


●第52回 現日選抜書展

2012年2月22日~2012年3月5日
現日会

会場:国立新美術館 展示室 / 最寄駅 : 乃木坂駅


●文京書道研究会展

2012年3月3日~2012年3月6日


会場:文京シビックセンター / 最寄駅 : 後楽園駅、春日駅


●第2回 川嶋毛古とその門人展

2012年3月4日~2012年3月6日
古郷書法院

会場:鴨川市民ギャラリー / 最寄駅 : 安房鴨川駅


●北九州市職員文化祭

2012年2月29日~2012年3月6日
北九州市職員文化体育協議会

会場:北九州芸術劇場 市民ギャラリー / 最寄駅 : JR「西小倉」駅


●第21回いそご芸術文化祭 書道部門作品展

2012年2月29日~2012年3月6日
磯子書道クラブ

会場:磯子区民文化センター / 最寄駅 : 根岸駅


●福岡教育大学大学院美術教育コース修了制作展

2012年3月1日~2012年3月6日
福岡教育大学美術教育講座
主催:
福岡教育大学美術教育講座
福岡教育大学大学院教育学研究科美術教育コース平成23年度修了生

会場:福岡アジア美術館 / 最寄駅 : 中洲川端駅


●第27回 新書派協会女流展

2012年3月1日~2012年3月6日


会場:ギャラリー香 / 最寄駅 : 地下鉄なんば駅


●第47回湘帆会同人書展

2012年3月1日~2012年3月6日
湘帆会

会場:銀座松坂屋別館5F・カトレヤサロン / 最寄駅 : 銀座駅


●第41回 墨泉社書作展

2012年3月2日~2012年3月6日
書道研究墨泉社

会場:横浜馬車道アートギャラリー / 最寄駅 : 関内駅


●第19回日中書画院展

2012年3月2日~2012年3月7日
日中書画院

会場:高崎シティギャラリー / 最寄駅 : 高崎駅


●中堅選抜書作展

2012年3月3日~2012年3月9日
碧海書道会

会場:碧南市文化会館 / 最寄駅 : 名鉄三河線「碧南中央駅」


●福岡学生書道連盟第51回連盟展・福岡学生書道連盟書酔会第44回書酔会展

2012年3月6日~2012年3月11日


会場:福岡県立美術館 / 最寄駅 : 市営地下鉄「天神」駅


●伊野吟紅書展-時空を超えて-

2012年3月6日~2012年3月11日
紅玉会

会場:鳩居堂画廊4F / 最寄駅 : 銀座駅


●河村和子 書展

2012年3月6日~2012年3月11日
河村和子

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●2012年大分県美術協会 書道部会大分支部展

2012年3月6日~2012年3月11日
大分県美術協会
主催詳細:大分県美術協会書道部会大分支部

会場:アートプラザ / 最寄駅 : JR「大分」駅


●福岡市書道協会展

2012年3月6日~2012年3月11日


会場:福岡市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄「天神」駅


●第13回名古屋地区正筆会会員展

2012年3月6日~2012年3月11日
馬場

会場:愛知県美術館美術館ギャラリーJ1・J2 / 最寄駅 : 栄駅


●第21回古河市小学生 古文字書道展

2011年12月17日~2012年3月11日


会場:篆刻美術館 / 最寄駅 : JR古河駅


●第31回藤沢書道展

2012年3月6日~2012年3月11日
藤沢市書道協会

会場:藤沢市民ギャラリー / 最寄駅 : 藤沢駅


●第40回記念玄之会書展(会員展・公募展)

2012年3月6日~2012年3月11日
玄之会事務所

会場:愛知県美術館美術館ギャラリーA・B / 最寄駅 : 栄駅


●第15回鯱書道クラブ作品展

2012年3月6日~2012年3月11日
鯱書道クラブ

会場:愛知県美術館美術館アートスペースH / 最寄駅 : 栄駅


●第4回 日本がん楽会美術展

2012年3月10日~2012年3月11日
日本がん楽会

会場:兵庫県民アートギャラリー / 最寄駅 : 「地下鉄県庁前駅」


●第11回 新日本書道書友会関西展

2012年3月10日~2012年3月11日
新日本書道 書友会関西

会場:京都市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄東西線「東山」駅


●第21回春駒会書道展

2012年3月9日~2012年3月11日
春駒会

会場:妙香園画廊 / 最寄駅 : 栄町駅


●再興新創美術展

2012年3月6日~2012年3月11日
再興新創美術協会

会場:京都市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄東西線「東山」駅


●第37回 帝京大学書道展

2012年3月9日~2012年3月11日
帝京大学書道研究所

会場:パルテノン多摩 / 最寄駅 : 多摩センター駅


●第74回 謙慎書道会展

2012年3月6日~2012年3月11日
謙慎書道会

会場:池袋サンシャイン文化会館2.3.4階 / 最寄駅 : 東池袋駅


●第58回公募ふぢなみ展

2012年3月6日~2012年3月11日
ふぢなみ会事務局

会場:愛知県美術館美術館ギャラリーC・D / 最寄駅 : 栄駅


●第7回 石川書道会作品展

2012年3月7日~2012年3月11日
石川書道会

会場:東大阪市民美術センター / 最寄駅 : 近鉄奈良線東花園駅


●奈良教育大学書道芸術専修三期生 卒業書作展

2012年3月7日~2012年3月11日
奈良教育大学 書道芸術専修
主催詳細:奈良教育大学 書道芸術専修三期生

会場:奈良県文化会館 / 最寄駅 : 近鉄奈良駅


●第13回栃木県青年書作家協会会員展

2012年3月9日~2012年3月11日
栃木県青年書作家協会事務局

会場:栃木県総合文化センター / 最寄駅 : JR宇都宮駅


●かな書道展

2012年3月7日~2012年3月11日


会場:岡崎市美術館 / 最寄駅 : 岡崎駅


●奎星 書の流れ展

2012年3月6日~2012年3月11日
奎星会

会場:東京セントラル美術館 / 最寄駅 : 銀座一丁目駅


●紅の会・花みづき合同書作展

2012年3月7日~2012年3月11日
書道紅の会と花みづき書道会

会場:町田市民ホール・ギャラリー / 最寄駅 : 町田駅


●第14回 慎泉会展

2012年3月6日~2012年3月11日


会場:リーガロイヤルギャラリー / 最寄駅 : 京阪電車中之島線「中之島」駅


●第38回玄遠書道師範会会員展

2012年3月7日~2012年3月11日
玄遠書道師範会

会場:山梨県立美術館 / 最寄駅 : 甲府駅


●九州大学書道部創立50周年記念展

2012年3月6日~2012年3月11日


会場:福岡市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄「天神」駅


●第7回 堆葉会かな書展

2012年3月6日~2012年3月11日


会場:鹿児島市立美術館 / 最寄駅 : 市電「朝日通」


●第五十八回 栴檀社書展

2012年3月7日~2012年3月11日
栴檀社

会場:東京銀座画廊美術館 / 最寄駅 : 銀座一丁目駅


●第36回 公募 斯華書展

2012年3月6日~2012年3月11日
書道研究 斯華会

会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 / 最寄駅 : あざみ野駅


●第48回 創玄展 前期

2012年3月8日~2012年3月12日
創玄書道会

会場:国立新美術館 展示室 / 最寄駅 : 乃木坂駅


●第28回日本習字岡山県北書道展

2012年3月10日~2012年3月12日
日本習字岡山県北書道会

会場:津山市立文化展示ホール / 最寄駅 : JR津山駅


●日本の書展

2012年3月9日~2012年3月12日
信濃毎日新聞社

会場:長野県信濃美術館 / 最寄駅 : 長野駅


●第44回九州女子大学書道専修コース卒業書作展

2012年3月8日~2012年3月13日
九州女子大学書道専修コース
主催詳細: 九州女子大学人間科学部人間文化学科書道専修コース

会場:福岡アジア美術館 / 最寄駅 : 中洲川端駅


●第75回 龍峡書道展 学生部展

2012年3月9日~2012年3月14日
龍峡書道会

会場:O(オー)美術館 / 最寄駅 : 大崎駅


●日本習字広島友墨会 第7回書道展

2012年3月8日~2012年3月15日
日本習字広島友墨会

会場:アステールプラザ / 最寄駅 : JR「横川」駅


●雄鳳書院 朴書会

2012年3月10日~2012年3月16日
雄鳳書院 朴書会

会場:碧南市文化会館 / 最寄駅 : 名鉄三河線「碧南中央駅」


●第37回 こうべ市民美術展

2012年3月11日~2012年3月17日
神戸市・神戸新聞社
主催詳細:神戸市・神戸新聞社 神戸労働者福祉協議会 (財)神戸市民 文化振興財団

会場:原田の森ギャラリー / 最寄駅 : 王子公園駅


●茨城藍筍会 書作展

2012年3月11日~2012年3月17日
藍筍会茨城支部

会場:東海ステーションギャラリー / 最寄駅 : 東海駅


●米寿記念 小海心竹 書作展

2012年3月13日~2012年3月18日
小海心竹

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●「天神蔵収蔵品展」

2012年3月14日~2012年3月18日


会場:天神蔵ギャラリー / 最寄駅 : 浜松駅


古希記念小松鶴泉書作展・勝山裕泉書作展

2012年3月15日~2012年3月18日


会場:福井県立美術館 / 最寄駅 : JR福井駅


●第37回芦辺会友書作展

2012年3月14日~2012年3月18日
芦辺書苑

会場:天満屋福山店 / 最寄駅 : JR「福山」駅


●歌で親しむ「かな書展」

2012年3月17日~2012年3月18日


会場:にいざほっとぷらざ / 最寄駅 : 志木駅


眞柄征侑 詩墨展

2012年3月13日~2012年3月18日
眞柄征侑

会場:高伝寺前 村岡屋ギャラリー / 最寄駅 : JR「佐賀」駅


●第11回荘雪会書道展

2012年3月16日~2012年3月18日


会場:相模原市民ギャラリー / 最寄駅 : 相模原駅


●第22回湘游書人展

2012年3月13日~2012年3月18日


会場:藤沢市民ギャラリー / 最寄駅 : 藤沢駅


●第5回玄游社書作展

2012年3月16日~2012年3月18日
上田雅堂

会場:みやこめっせ / 最寄駅 : 東西線「東山駅」


●彩滴会(書・水墨画)作品展

2012年3月12日~2012年3月18日


会場:アクロス福岡メッセージホワイエ / 最寄駅 : 地下鉄「天神」駅、西鉄「福岡天神」駅


●書道学会展

2012年3月13日~2012年3月18日


会場:大阪市立美術館 / 最寄駅 : 天王寺駅


●梅村学園美術展

2012年3月13日~2012年3月18日


会場:名古屋市博物館 / 最寄駅 : 名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」


●第3回有鄰書展

2012年3月14日~2012年3月18日


会場:岡崎市美術館 / 最寄駅 : 岡崎駅


●第7回童會書展

2012年3月16日~2012年3月18日
童會

会場:西尾市文化会館 / 最寄駅 : 名鉄西尾駅


●第28回 書のコアンメントールぼくりん

2012年3月13日~2012年3月18日
墨林書道院

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●長崎県美術協会県北支部会員展

2012年3月15日~2012年3月18日
長崎県美術協会県北支部

会場:博物館島瀬美術センター / 最寄駅 : 松浦鉄道西九州線「佐世保中央」駅


●第11回 さわらび会展

2012年3月13日~2012年3月18日
さわらび会

会場:名古屋市民ギャラリー栄 / 最寄駅 : 栄駅


●11玄土社書展

2012年3月16日~2012年3月18日
石川県立美術館

会場:石川県立美術館 / 最寄駅 : 金沢駅


●第46回福岡市美術展前期

2012年3月15日~2012年3月18日


会場:福岡市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄「天神」駅


●第43回 日展

2012年2月18日~2012年3月18日
大阪市立美術館
主催詳細:大阪市立美術館  読売新聞大阪本社

会場:大阪市立美術館 / 最寄駅 : 天王寺駅


●思郷書展 24

2012年3月13日~2012年3月18日
丹治思郷

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●葵友書展

2012年3月14日~2012年3月18日


会場:岡崎市美術館 / 最寄駅 : 岡崎駅


●第45回 聖雲書道会展

2012年3月13日~2012年3月18日
聖雲書道会

会場:岡山県天神山文化プラザ 第1展示室 / 最寄駅 : JR「岡山」駅


●第41回 安らぎと触れ合いの書展

2102年3月13日~2012年3月18日
墨林書道院

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●大東文化大学平成二十三年度卒業生有志による卒業書作展

2012年3月13日~2012年3月18日
大東文化大学卒業生
主催:
大東文化大学平成23年度卒業生有志
会場:ギャラリー・悠玄 / 最寄駅 : 有楽町駅


●第35回書典社選抜展

2012年3月13日~2012年3月18日


会場:名古屋市博物館 / 最寄駅 : 名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」


●第29回瑤草会書道展

2012年3月15日~2012年3月18日
瑤草会

会場:ふくやま書道美術館市民ギャラリー / 最寄駅 :


●第54回 書窗展

2012年3月17日~2012年3月18日
橘書道会

会場:京都市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄東西線「東山」駅


●第8回 東海髙校書道部OB會書展

2012年3月13日~2012年3月18日
東海髙校書道部OB會

会場:名古屋市民ギャラリー栄 / 最寄駅 : 栄駅


●第33回芳林書展

2012年3月14日~2012年3月18日
芳林書道院

会場:神奈川県民ホールギャラリー / 最寄駅 : 関内駅


●第48回 創玄展 後期

2012年3月15日~2012年3月19日
創玄書道会

会場:国立新美術館 展示室 / 最寄駅 : 乃木坂駅


●第11回 わたし達の掛軸展

2012年3月15日~2012年3月19日


会場:品川区民ギャラリー / 最寄駅 : 大井町駅


●書と友禅の二人展と仲間たち

2012年3月17日~2012年3月19日
藤澤 正

会場:栃木県総合文化センター / 最寄駅 : JR宇都宮駅


●第1回濱友書道会展

2012年3月16日~2012年3月19日


会場:みなとみらいギャラリー / 最寄駅 : みなとみらい駅


●日本習字「あゆみの会」      第10回生徒成人作品展

2012年3月17日~2012年3月20日


会場:アートプラザ / 最寄駅 : JR「大分」駅


●第34回 北海道書道連合展2012

2012年3月15日~2012年3月20日
北海道書道連合会

会場:札幌市民ギャラリー / 最寄駅 : 地下鉄「バスセンター駅」


●「かな」にみるくずしの美

2011年12月17日~2012年3月20日
北海道立函館美術館

会場:北海道立函館美術館 / 最寄駅 : 函館駅


●第25回 淡水會書展

2012年3月18日~2012年3月20日
淡水会

会場:東京都立産業貿易センター台東館 / 最寄駅 : 浅草駅


●第8回結のつどい~かなを楽しむ~

2012年3月15日~2012年3月20日
東海かな書道会

会場:ギャラリー両口屋是清 / 最寄駅 : 栄駅


●還暦記念館迦南書作展

2012年3月17日~2012年3月22日
館 迦南(和人)

会場:市川市文化会館 / 最寄駅 : 本八幡駅


●第16回 新美会 カリグラフィック・アート展

2012年3月20日~2012年3月22日
新美会

会場:広島県民文化センター / 最寄駅 : JR「福山」駅


●第14回文化書道福岡書友会展

2012年3月20日~2012年3月25日


会場:福岡県立美術館 / 最寄駅 : 市営地下鉄「天神」駅


●牛刀書道会 鬼頭翔雲書作展

2012年3月20日~2012年3月25日
牛刀書道会本部

会場:愛知県美術館美術館アートスペースG・H / 最寄駅 : 栄駅


●館蔵名品展―本陣に伝わる品々中心に―

2012年2月18日~2012年3月25日
平田本陣記念館

会場:平田本陣記念館 / 最寄駅 : 雲州平田駅


●第5回盈華展

2012年3月20日~2012年3月25日
学校法人 盈進学園
主催詳細:学校法人 盈進学園 盈進中学高等学校 書道部・美術部

会場:ふくやま美術館 / 最寄駅 : JR「福山」駅


●第18回 游墨展

2012年3月20日~2012年3月25日
京都書画院

会場:京都市美術館 / 最寄駅 : 地下鉄東西線「東山」駅


●竹之内幽水退職記念作品展門下生展

2012年3月20日~2012年3月25日
幽水会

会場:佐賀県立美術館・博物館 / 最寄駅 : JR「佐賀」駅


●第8回藤島高等学校書道部展

2012年3月23日~2012年3月25日


会場:福井県立美術館 / 最寄駅 : JR福井駅


●第19回 紅の会書展

2012年3月20日~2012年3月25日
紅の会

会場:名古屋市民ギャラリー栄 / 最寄駅 : 栄駅


荒木右侊還暦書展 併催 第2回六象会書展

2012年3月20日~2012年3月25日


会場:福岡県立美術館 / 最寄駅 : 市営地下鉄「天神」駅


●第28回愛ランド21游墨会書道展

2012年3月24日~2012年3月25日
愛ランド21 游墨書道会

会場:一宮スポーツ文化センター / 最寄駅 : 尾張一宮駅


●第46回大分市美術展

2012年3月2日~2012年3月25日
大分市、大分市教育委員会
主催:大分市、大分市教育委員会、大分市美術展運営委員会

会場:大分市美術館 企画展示室ほか / 最寄駅 : JR「大分」駅


●第35回記念唱和会書展

2012年3月20日~2012年3月25日
唱和会

会場:千葉県立美術館 / 最寄駅 : 千葉みなと駅


●第26回 竹晨会書展

2012年3月20日~2012年3月25日


会場:鹿児島市立美術館 / 最寄駅 : 市電「朝日通」


●第21回公募日本習字展(鹿児島展)

2012年3月24日~2012年3月25日
財団法人日本習字教育財団

会場:鹿児島県歴史資料センター  黎明館 / 最寄駅 : JR「鹿児島」駅


●第26回 青巒会書展

2012年3月20日~2012年3月25日
青巒書道会

会場:田川市美術館 / 最寄駅 : JR「田川後藤寺」駅


●ひな人形と春の書画展

2012年2月2日~2012年3月25日
頼山陽史跡資料館
【展示解説会】   2月11日、3月3日13:30~ 【ひな祭り茶会】  3月3日10:00~15:00 茶席券400円(当日500円 入館料込)

会場:頼山陽史跡資料館 / 最寄駅 : 広電電車「紙屋町経由広島港行」,「袋町」


●古筆手鑑-国宝「見努世友(みぬよのとも)」を中心に

2012年2月25日~2012年3月25日


会場:出光美術館 / 最寄駅 : 有楽町駅


●第42回瑞書展

2012年3月20日~2012年3月25日


会場:名古屋市博物館 / 最寄駅 : 名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」


●白隠禅師 山田無文老師の墨蹟

2011年12月20日~2012年3月25日

前期:2011年12月20日(火)~2012年1月29日(日)
後期:2012年1月31日(火)~3月25日(日)

会場:夢二郷土美術館・本館 / 最寄駅 : JR「岡山」駅


●第59回書星教育部展

2012年3月20日~2012年3月25日
書星会

会場:千葉県立美術館 / 最寄駅 : 千葉みなと駅


●ひな人形と春の書画展

2012年2月2日~2012年3月25日
頼山陽史跡資料館

会場:頼山陽史跡資料館 / 最寄駅 :


●第35回牛刀書道展

2012年3月20日~2012年3月25日
牛刀書道会本部

会場:愛知県美術館美術館ギャラリーH・I / 最寄駅 : 栄駅


●硯友書道展

2012年3月22日~2012年3月25日
書道研究硯友会

会場:博物館島瀬美術センター / 最寄駅 : 松浦鉄道西九州線「佐世保中央」駅


●第18回興文会書展 役員・同人展

2012年3月20日~2012年3月25日
興文会事務局

会場:愛知県美術館美術館ギャラリーE・F / 最寄駅 : 栄駅


●第49回謙慎書道会中部展

2012年3月20日~2012年3月25日
謙慎中部展世話人代表

会場:愛知県美術館美術館ギャラリーA・B・C・D / 最寄駅 : 栄駅


●第34回國際書画中部展

2012年3月20日~2012年3月25日
國際書画連盟

会場:愛知県美術館美術館ギャラリーG1・G2 / 最寄駅 : 栄駅


●みんなが見たい優品展-中村不折コレクションから-

2012年1月24日~2012年3月25日
書道博物館

会場:書道博物館 / 最寄駅 : 鶯谷駅


●翠香会書作展

2012年3月23日~2012年3月26日
翠香会

会場:高崎シティギャラリー / 最寄駅 : 高崎駅


●第14回煌筆会 書道展

2012年3月22日~2012年3月26日
煌筆会

会場:天神蔵ギャラリー / 最寄駅 : 浜松駅


●第六回大東文化大学第一高等学校 書道部作品展

2012年3月24日~2012年3月27日
大東文化大学第一高等学校
主催詳細:
大東文化大学第一高等学校書道部

会場:板橋区立成増アートギャラリー / 最寄駅 : 成増駅


●高女書道部展

2012年3月24日~2012年3月27日
高崎女子高校書道部

会場:高崎シティギャラリー / 最寄駅 : 高崎駅


●第52回 金蘭書道展

2012年3月22日~2012年3月27日
金蘭書道会

会場:タワーホール船堀・展示ホール / 最寄駅 : 船堀駅


●中野永峰書展

2012年3月23日~2012年3月27日
中野 永峰

会場:栃木県総合文化センター / 最寄駅 : JR宇都宮駅


●第65回記念書道芸術院展 東日本展

2012年3月24日~2012年3月28日
書道芸術院

会場:せんだいメディアテーク / 最寄駅 : 勾当台公園駅


●第9回碧南書法篆刻講座展

2012年3月24日~2012年3月30日
碧南書法篆刻講座

会場:碧南市文化会館 / 最寄駅 : 名鉄三河線「碧南中央駅」


●かな書 脇田千鶴 個展

2012年3月26日~2012年3月31日
脇田千鶴

会場:文芸春秋画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●第9回津山市退職職員作品展

2012年3月28日~2012年3月31日
津山市退職職員
主催:津山市退職職員作品展実行委員会

会場:津山市立文化展示ホール / 最寄駅 : JR津山駅


●墨・kOKORO展

2012年3月25日~2012年3月31日


会場:東海ステーションギャラリー / 最寄駅 : 東海駅


●2012年毎日書道展新会員作家展

2012年3月5日~2012年3月31日
毎日新聞社・毎日書道会
各会期日程
第1期 3/5-3/10
第2期 3/12-3/17
第3期 3/19-3/24
第4期 3/26-3/31
会場:アートサロン毎日 / 最寄駅 : 竹橋駅


●第26回 洗心書道地区合同習作展

2012年3月27日~2012年4月1日


会場:田川市美術館 / 最寄駅 : JR「田川後藤寺」駅


●習字研究社 第2回栃木県展

2012年3月30日~2012年4月1日
習字研究社

会場:栃木県総合文化センター / 最寄駅 : JR宇都宮駅


●書道同文会 特別企画 ますらお新作書展

2012年3月27日~2012年4月1日
書道同文会

会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●第1回東京有根会展

2012年3月28日~2012年4月1日
吉田景堂

会場:うらわ美術館 / 最寄駅 : 北浦和駅


●篆刻家 荒洋明遺作展

2012年3月30日~2012年4月1日
長谷川雄司

会場:南大沢文化会館 / 最寄駅 : 南大沢駅


●第8回 鎌倉彫 つくし会展

2012年3月27日~2012年4月1日


会場:鳩居堂画廊 / 最寄駅 : 銀座駅


●かなの挑戦-七人の侍-

2012年2月9日~2012年4月1日
ふくやま書道美術館

会場:ふくやま書道美術館 / 最寄駅 : JR「福山」駅


●遊彩書画家 安形憲二 蝋書画 桜展

2012年3月29日~2012年4月1日
安形憲二

会場:天神蔵ギャラリー / 最寄駅 : 浜松駅


●第42回 好文書展

2012年3月27日~2012年4月1日
好文会

会場:名古屋市民ギャラリー栄 / 最寄駅 : 栄駅


●淞江墨人会書展

2012年3月27日~2012年4月1日
淞江墨人会

会場:島根県立美術館 (ギャラリー1室) / 最寄駅 : JR「松江」駅


●第7回明大チャリティーアート展

2012年3月27日~2012年4月1日


会場:藤沢市民ギャラリー / 最寄駅 : 藤沢駅


●第35回 暖心展

2012年3月27日~2012年4月1日
暖心会

会場:名古屋市民ギャラリー栄 / 最寄駅 : 栄駅


●公文書写教室合同成果発表会

2012年3月28日~2012年4月1日


会場:岡崎市美術館 / 最寄駅 : 岡崎駅


●ガクサイIV(おかやま学生芸術文化祭)

2012年3月27日~2012年4月1日


会場:岡山県天神山文化プラザ 第3・4展示室 / 最寄駅 : JR「岡山」駅


●第34回蓮墨展

2012年3月26日~2012年4月1日


会場:アートプラザ / 最寄駅 : JR「大分」駅


●第4回 象雲会書展

2012年3月27日~2012年4月1日


会場:豊橋市美術博物館 / 最寄駅 : 豊橋公園前駅


●沼津土筆会40周年記念書展

2012年3月29日~2012年4月1日
沼津土筆会

会場:沼津市民文化センター / 最寄駅 : 沼津駅


●第十三回書友くらぶ栃木県支部展

2012年3月30日~2012年4月2日
書友くらぶ栃木県支部

会場:栃木県総合文化センター / 最寄駅 : JR宇都宮駅


●第29回榛陽会かな展

2012年3月29日~2012年4月4日
榛陽会

会場:高崎シティギャラリー / 最寄駅 : 高崎駅


●公募第21回日本遊印アート協会展-現代の芸術印-表装展併催

2012年4月1日~2012年4月6日
日本遊印アート協会

会場:東京都美術館 / 最寄駅 : 上野駅


●湘南篆刻・篆書展

2012年4月3日~2012年4月8日


会場:藤沢市民ギャラリー / 最寄駅 : 藤沢駅


●第61回 日本書芸院「華甲」展 第61回 全国学生書道展

2012年4月8日~2012年4月15日
日本書芸院

会場:東京都美術館 展示室 / 最寄駅 : 上野駅


●親しみやすいかな ―杉岡華邨の書の世界―

2012年1月21日~2012年4月15日
奈良市杉岡華邨書道美術館

会場:奈良市杉岡華邨書道美術館 / 最寄駅 : 近鉄奈良駅


●絵と書展

2012年4月15日~2012年4月21日


会場:東海ステーションギャラリー / 最寄駅 : 東海駅


●特別展 金光碧水 —歌と書と—

2012年1月31日~2012年4月22日
吉備路文学館

会場:吉備路文学館 / 最寄駅 : JR「岡山」駅


●館蔵品展 「書のリズム」

2012年2月8日~2012年4月24日
道風記念館

会場:道風記念館 / 最寄駅 : 春日井駅


●第18回 峰游会篆刻作品展

2012年4月19日~2012年4月25日
野田光三

会場:しずぎんギャラリー四季 アゴラ沼津 / 最寄駅 : 沼津駅


●筆の世界に遊ぶ文化人たち2012

2012年3月10日~2012年5月6日
筆の里工房

会場:筆の里工房 / 最寄駅 : JR「海田市」駅


●椎木剛前衛書作展

2012年3月1日~2012年6月30日
椎木 剛

会場:邇保姫神社 / 最寄駅 : 広島駅


●第75回記念 全日本ペン書道展

2012年8月4日~2012年8月6日
日本ペン習字研究会
一般(成人)ペン習字作品・児童(生徒)硬筆毛筆作品の公募展です。
会場:東京都立産業貿易センター 浜松町館 5階 / 最寄駅 : JR浜松町駅・都営線大門駅
こころのメッセージで日本を盛り上げよう!!
忘れない!!今を記憶し、語り継ぐために
今、わたしたちができること・・・
震災から立ち上がった書人たちが今の自分の想い、エールを「書」にぶつけます

あれから一年、「みんな一書」書初展
2012/2/9~2012/2/15
於:東京、銀座ギャラリー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~親から子へ、子から親へ、そして友へ。みんなの想い以心伝心~
東日本大震災被災の体験を風化させず、語り継ぐため、今、
・家族や友への想い(ねがい、祈り、感謝など)
・新しい年を迎えて、心に思ったこと、誓ったこと
を書きとめ、記憶していこうというものです。
書道団体、会派などは関係ありません。
書の技術や地位を競うものでもありません。
ただ素直に日常を表現した作品たちです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作品の受け付けは、2012年1月25日(水)を持ちまして終了しました
たくさんのご応募ありがとうございます
ただ今、作品の集計中です。作品の展示まで、しばらくお待ちください


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問合せ先 書ギャラリー親かめ子かめ 亀井 勤
  住所:981-3203 宮城県仙台市泉区高森7-36-5  
Tel/Fax:022-378-9916Homepage: 
http://www.oyakamekokame.com  
e-mail:qa@oyakamekokame.com
日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 
特別展「北京故宮博物院200選」
平成館 特別展示室 2012年1月2日(月) ~ 2012年2月19日(日)

故宮博物院日中国交正常化40周年を迎える2012年、東京国立博物館で北京故宮博物院の名品展が開催されます。

 明時代の永楽帝(えいらくてい)から清時代の宣統帝溥儀(せんとうていふぎ)まで24人の皇帝が居城とした紫禁城(しきんじょう)に由来する北京故宮博物院は、壮麗な宮殿建築と180万件を超えるコレクションを誇ります。

 この展覧会では、それらの貴重な文物から選りすぐりの名宝200件が出品されます。
 二部で構成されるうち、
 第1部では、今まで門外不出とされていた宋・元時代の書画41件の展示をはじめ、宮廷絵画や文人画の名品、書のファン必見の宋三家、元代文人の名品を一挙公開します。青銅器や玉器の傑作も揃う、まさに北京故宮展の決定版というにふさわしいラインナップです。第2部では、清朝最盛期を築いた乾隆帝の4つの肖像画を軸に、清朝の豊かな世界観を読み解きます。数々の名品とともに描かれた肖像画「是一是二図」を、現存する作品によって再現するコーナーも必見です。

中国文明の粋が凝縮された「皇帝のコレクション」をぜひご堪能ください。
___________________________________________________________

.開催概要
会 期 2012年1月2日(月・休)~2月19日(日)
会 場 東京国立博物館 平成館(上野公園)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日 月曜日(ただし1月2日(月・休)、9日(月・祝)は開館、10日(火)は休館)
観覧料金 一般1500円(1300円/1200円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料 * ( )内は前売り/20名以上の団体料金
* 障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
* 当日券は、東京国立博物館 正門観覧券売場(開館日のみ、閉館の30分前まで)のほか、電子チケットぴあ(Pコード=764-910)、ローソンチケット(Lコード=32200)など主要なプレイガイドおよび、展覧会公式ホームページ上のオンラインチケットにて2011年1月2日(火)から販売。

___________________________________________________________

交 通 JR上野駅公園口・鶯谷駅より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
主 催 東京国立博物館、故宮博物院、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション
特別協力 毎日新聞社
後 援 外務省
協 賛 三井物産、凸版印刷、あいおいニッセイ同和損害保険、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)
協 力 全日本空輸、東京中国文化センター
お問い合わせ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
展覧会ホームページ http://www.kokyu200.jp/
第8回なの花書道愛好会展が開催されます。

第6回小さな展覧会の案内ハガキができあがりました。
ご希望の方はご連絡ください。
当社が事務局に参加の「東日本のこどもたちに筆記具を送る」チャリティー色紙展は本日、作品が搬入され、額に入れる作業を行いました。

あした午前、遅れて到着する作品を待って、壁面への掲示作業を行う予定。

午後には公開の運びです。
著名な先生方の作品で、ギャラリーの壁面がぎっしり埋まりました。
ここにこの展覧会の反響の大きさが示されていると思います。
田宮文平先生からも励ましのメッセージが届いています。

だだ、まことに残念なことに先生方の希望で、
そのお名前をインターネットではご紹介することができません。

「一人でも多くの子供たちの笑顔」のために今後も取り組みを広げていきます。
機会があれば
みなさまの
ご参加をと期待しています。
よろしくお願いいたします。
///////////////////////////////////////////////////////  

●会   期=2011年4月20日 水曜日ー23日 土曜日

●会   場=日本橋 小津和紙2階・小津ギャラリー
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル
                   電話 03-3249-8678

http://www.ozuwashi.net/gallery/index.php
●主   催=東日本大震災で被害にあった子供たちに筆記具を!
<書く力>応援プロジェクト

///////////////////////////////////////////////////////

<書く力>応援プロジェクト
●事務局● 今井香子*小津和紙2階・小津ギャラリー学芸員 
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル
      E-mail  gallery@ozuwashi.net   電話 03-3249-8678
      
作村聖一*株式会社リンクス【書道ライフ】編集長
           〒350-1112 埼玉県川越市上野田27-15
E-mail  sakumura@lincs.jp  携帯 090-8518-1307
東日本大震災で被害にあった子供たちに筆記具を!
<書く力>応援プロジェクトに、ご協力をお願いいたします!

この度の東日本大震災の影響下、本当の意味での春の到来はまだまだ遠いと感じます。
まだ多くの人々が、避難所での生活を余儀なくされ、先の見えない不自由で辛い日々を送られています。
被災地の人々の為に、私達書道関係者が、何か出来ることをと思いから以下のプロジェクトを
企画致しました。
被災地で生活する、これから文字を学ぶ、文字を覚える子供たちの為に、<書く力>、文字を書くための筆記具を提供するご提案となります。

つきましては、文字を書くための筆記具を購入する為の財源を確保するために、この取り組みにご賛同して頂ける先生方にご協力をお願いしたい所存です。

具体的には、ご賛同いただきました先生方に色紙作品のご提供をいただき、
その作品を「東日本の子どもたち応援チャリティー色紙展」と題して展示・開催し、その
収益の全額を被災地の子供たちの為に役立てたいと思います。
購入した筆記具等は、スタッフが責任を持って現地に運び、被災地の小学校、幼稚園、保育園を訪問し、直接手渡し致します。また、受け入れ先での文字遊びなども交えて、文字を
書くことの楽しさ、心地良さなどを実感していただきたいと考えております。

急な発案ですので、いろいろと行き届かないことも、失礼なことも多々あるとは存じますが、書道家として、書道関係者として力を尽くし、一歩を踏み出すため、ご提案申しあげます。
先生方の、ご理解とご協力、切にお願い致します。

チャリーティー色紙展の詳細につきましては、別紙ご案内致します。

///////////////////////////////////////////////////////  

●会   期=2011年4月20日 水曜日ー23日 土曜日

●会   場=日本橋 小津和紙2階・小津ギャラリー
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル
                   電話 03-3249-8678

●主   催=東日本大震災で被害にあった子供たちに筆記具を!
<書く力>応援プロジェクト

///////////////////////////////////////////////////////

<書く力>応援プロジェクト
●事務局● 今井香子*小津和紙2階・小津ギャラリー学芸員 
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル
      E-mail  gallery@ozuwashi.net   電話 03-3249-8678
      
作村聖一*株式会社リンクス【書道ライフ】編集長
           〒350-1112 埼玉県川越市上野田27-15
E-mail  sakumura@lincs.jp  携帯 090-8518-1307

第33回日月書道展

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
saku 2011-3-26 11:07

日月書道展:力作が596点 横浜・27日まで /神奈川

 第33回日月書道展(棧敷東石会長 日月書道会主催)が3月22日、横浜市中区山下町の県民ホールギャラリーで始まった(27日まで)。
一般の部185点、学生部411点の計596点が展示されている。

●自由部で鈴木清昶さん(横浜市神奈川区)が県知事賞、規定部で権藤清美さん(小田原市)が横浜市長賞、
●小品部で山浦嶺泉さん(横浜市保土ケ谷区)が日月書道会賞、
●U30部(30歳以下)で牧川奎翠さん(小田原市)が大賞、
●さらに学生部で横浜立野高校2年の大西加奈子さんが横浜市長賞に選ばれた
埼玉県書道人連盟(町田景雲会長)の「第40回記念役員新春展」が1月18日から23日まで、さいたま市浦和区常盤9の県立近代美術館で開催された。

 新春をテーマに楷書、行書、草書などさまざまな書体の275点を出品。

同連盟は約1000人の会員がいるが、役員は毎年9月に開催する埼玉書道展の入賞3回以上の実力者で、書道歴20年以上のベテランばかり。

員の中から選考のうえ選ばれた、主に若手精鋭による併設展「大作展」にも22点が展示された。
ものづくり空間・JIKE STUDIOでは、書家・濱﨑道子の作品展を開催する。

濱﨑道子は、これまで世界中を回り、チベット・スペイン・トルコ・中米など様々な国において、展示・講演・パフォーマンス・ワークショップなどを行い、日本の文化や書の精神をエネルギッシュに紹介しながら、世界平和のメッセージを発信してきました。


オープニングセレモニーとして太鼓ドラマーのヒダノ修一と一緒に大字揮毫のパフォーマンスを行います。

____________________________________________

新春企画「寺家春秋」大地に根ざす・ 濱﨑道子書展 

Michiko Hamasaki Exhibition 

会期:2011年1月9日(日)〜2月6日(日)
10:30〜17:00 火曜休廊

会場:ものづくり空間・JIKE STUDIO

http://tsuki-zo.jp/jike-studio/index.html

横浜市青葉区寺家町435-1 045-350-3804

___________________________
________________
                  

イベント

・書と太鼓 「新春を寿ぐ」 2011年1月9日(日) 13:00〜13:30(無料)
       場所:JIKE STUDIO前の柿畑とSTUDIO内

オープニングセレモニーは太鼓ドラマー・ヒダノ修一と一緒に大字揮毫のパフォーマンスを行います。 甘酒のサービスあり。

____________________________________________

・ワークショップ 親子で書初め 2011年1月16日(日)

11:00〜12:00と13:30〜14:30 
       参加費:親子で2,500円(おやつ付)

・アーティストトーク  2011年2月5日(土) 13:00

____________________________________________
全国から公募された約1400点の書道作品が展示される「第77回書壇院展」(書壇院主催、県共催、毎日新聞社など後援)が12月18日、新潟市中央区の県民会館など3会場で始まった(23日まで)。

 毎年、東京都美術館で開かれてきたが、改修中のため10、11年は元会長・江川蒼竹氏ゆかりの新潟市で開催されることになった。

 書壇院は吉田苞竹(1890-1940)によって創設され、苞竹没後3年の1943(S18)年、財団法人として認可された。

 第二次世界大戦の末期にはこれらの事業も中断のやむなきに到りましたが、1945(S20)年『書壇』の復刊、1946(S21)年12月には第12回「書壇院展」を開催するなど、戦後の疲弊の中でいち早く活動を再開。

以後、(財)書壇院主催の書道展覧会の開催、月刊『書壇』『清泉』発行などの事業を継続しています。

漢字、かな、篆刻(てんこく)、日本文、南画の5部門があり、
▽県民会館には一般公募や会員による作品、
▽市美術館には審査会員などの作品が展示されている。
▽市民芸術文化会館では「江川蒼竹・その系譜」展が併催される。

 入場無料で午前9時半~午後5時。
第77回2010書壇院展 
併催「江川蒼竹・その系譜」展


開催期間:2010年12月18日~12月23日 
午前9時30分~午後5時

開催場所:新潟県民会館(一般公募・会員作品)025-228-4481
新潟市美術館(審査会員・会員作品)025-223-1622
新潟市民芸術文化会館(「江川蒼竹・その系譜」展)025-224-5621

主催:(財)書壇院

共催:新潟県

後援:文化庁 全日本書道連盟 毎日新聞社 新潟市 新潟日報社 新潟放送 他多数


第38回 全日展



【会   期】 2010年12月21日~2010年12月26日
9:00-17:00(最終日は15時まで)

【会   場】 北とぴあ
東京都 北区王子1丁目11-1

【主   催】 全日展書法会
【お 問 合 せ】 03-3947-0978

全日本書道芸術院展



【会   期】 2010年12月26日~2010年12月28日

【会   場】 埼玉会館
埼玉県 さいたま市浦和区高砂3-1-4

【主   催】 全日本書道芸術院
【お 問 合 せ】 048-829-2471

第27回 雅涎会書展



【会   期】 2011年1月5日~2011年1月9日
10:30-18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京銀座画廊美術館
東京都 中央区銀座2丁目7-18

【主   催】 雅涎会
【お 問 合 せ】 042-377-5033

第52回新興書道展



【会   期】 2011年1月9日~2011年1月13日

【会   場】 東京都立産業貿易センター台東館 6階
東京都 台東区花川戸2-6-5
【入 場 料】 無料
【主な出品者】 会長 高際翠邦 副会長 木村朱炎 (敬称略)
【主   催】 社団法人 日本書作家協会
【お 問 合 せ】 03-3274-2398

第42回 国際現代書道展










【会   期】 2011年1月19日~2011年1月23日
午前10時~午後6時まで(最終日午後4時まで)

【会   場】 札幌市民ギャラリー
北海道 札幌市中央区南2条東6丁目

【主   催】 国際書道協会
【お 問 合 せ】 011-552-2100

宮澤玉瑛書作展



【会   期】 2011年1月24日~2011年1月29日
11:00~19:00(最終日は18:30まで)

【会   場】 文春画廊 [地図]
東京都 中央区銀座5-5-12

【主   催】 宮澤玉瑛
【お 問 合 せ】 03-3571-5494

冬の所蔵作品展



【会   期】 2010年11月15日~2011年2月10日
10:00~16:30

【会   場】 日本藝術院会館
東京都 台東区上野公園1-30
【入 場 料】 無料

【主   催】 日本藝術院
【お 問 合 せ】 03-3821-7191

角元正燦作品展



【会   期】 2011年2月14日~2011年2月19日
11:00~19:00(最終日は18:30まで)

【会   場】 文春画廊 [地図]
東京都 中央区銀座5-5-12
【入 場 料】 無料
【主   催】 角元正燦
【お 問 合 せ】 03-3571-5494

東京学芸大学退任記念 
加藤東陽書作展






開催期間:2011年2月15日~2月20日
10時~18時(最終日は16時半まで)

開催場所:東京銀座画廊美術館(8階)

主催:東京学芸大学退任記念加藤東陽書作展実行委員会

後援:(社)全日本書道連盟 千紫会 埼玉県書道人連盟

日本 中国 
公募第28回 水墨画合同展



開催期間:2011年2月2日~2月14日
午前10:00~午後6:00(最終日は午後2:00まで)

開催場所:国立新美術館 3階展示室3B 港区六本木7-22-2 03-6812-9921(会期中)

主催:社団法人日本・中国水墨交流協会

後援:外務省 文化省 中国大使館 東京都 他多数

協賛:(財)国際文化カレッジ (株)呉竹 (株)墨運堂 他多数

群鴎書人展





開催期間:2011年2月1日~2月6日
AM9:00~PM4:30

開催場所:千葉県立美術館 
千葉市中央区中央港1-10-1

主催:群鴎書人会

後援:毎日新聞社 木更津市教育委員会

第32回 芳林書展 
和風の美を求めて




開催期間:2011年1月11日~1月16日
10:00~18:00(最終日は16時)

開催場所:神奈川県民ホールギャラリー(山下公園前) 
横浜市中区山下町3-1 045-662-5901

主催:芳林書道院

後援:毎日新聞社 (財)毎日書道会 他多数

協賛:西福寺 藤和額装 五十嵐印刷 他多数


三人展
田村政晴 千葉蒼玄 中塚仁






開催期間:2011年1月7日~1月12日
10:00~18:00(最終日16:00迄)

開催場所:せんだいメディアテーク 5階ギャラリー 

後援:毎日新聞社 産経新聞社 河北新報社 (社)宮城県芸術協会


第42回 開玄社書展




開催期間:2011年1月7日~1月10日
AM10時~PM5時(最終日はPM3時まで)

開催場所:埼玉会館 第一・二・三展示室

主催:書道研究開玄社

後援:毎日新聞社
財団法人毎日書道会社団法人全日本書道連盟
社団法人日本書道院


第五十九回 独立書展

開催期間:2011年1月6日~1月17日 十時~十八時 (入場は十七時半まで)最終日は十四時閉場(入場は十三時半まで)
開催場所:六本木 国立新美術館(公募展展示室全室使用)

主催:(財)独立書人団
後援:文化庁 毎日新聞社

現代の書 新春展 
今いきづく墨の華



和光ホール30人展 
開催期間:2011年1月5日~1月10日 
午前10時30分~午後6時 10日は午後5時閉場
開催場所:銀座・和光本館6階

セントラル会場100人展-60歳以下の作家による-
開催期間:2011年1月5日~1月10日
午前10時~午後6時 5日は午後1時開場、10日は午後5時閉場
開催場所:東京セントラル美術館  

主催:毎日新聞社 (財)毎日書道会


新春「書の饗宴」展


開催期間:2011年1月4日~1月9日AM11:00~PM7:00(最終日PM5:00まで)

開催場所:銀座大黒屋ギャラリー 6階画廊 
中央区銀座5-7-6 03-3571-0008
主催:大鴻書道会 後援:毎日新聞社 社団法人創玄書道会

第65回 日書展
併催 日本書道美術院
第65回教育部展
第55回全国競書大会



開催期間:2011年1月4日~1月9日 
10:00~17:00 9日(最終日)は15:00まで

開催場所:池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4階 展示ホールA

主催:(財)日本書道美術院

後援:毎日新聞社 全日本書道連盟


国立青少年教育振興機構主催
第1回全国青少年書き初め大会



開催期間:2011年1月4日 
10:20~16:00 1/3(月)4(火)の両日、会場に宿泊可

対象:高校生・大学生 約300名

開催場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(代々木公園に隣接)

参加費:無料(宿泊費も無料)

応募締切:平成22年11月12日(金)
展示会:入賞作品は、2/1(火)~28(月)の期間、会場内に展示します。



第10回記念
書の発表会
~東京展~








開催期間:2010年12月24日~12月26日10:00~19:00 
(最終日は17:00まで)

開催場所:タワーホール船堀 
展示ホール1・2 東京都江戸川区船堀4-1-1


第44回 公募 書真会書展




開催期間:2010年12月21日~12月26日
AM10:00~PM6:00 (最終日は入場PM3:00まで)

開催場所:東京セントラル美術館
東京銀座二丁目貿易ビル5F 03-3564-4813(会期中のみ)

主催:書真会

後援:全日本書道連盟 毎日新聞社 毎日書道会 日本刻字協会 YBS山梨放送 山梨日日新聞社

第22回 一華会展


開催期間:2010年12月14日~12月19日午前9時30分~午後5時(最終日は4時終了)
開催場所:ふくやま美術館ギャラリー・ホール(福山市西町二丁目4-3) 

主催:一華会
後援:福山市教育委員会 毎日新聞社 (社)全日本書道連盟 奎星会



公募第19回 太源書道会展



開催期間:2010年12月14日~12月19日AM9時30分~PM5:00(入館はPM4:30まで)
開催場所:大阪市立美術館(天王寺公園内)地下展覧会室(第4室)06-6771-4874 

後援:大阪市 大阪市教育委員会 毎日新聞社

吉田苞竹記念会館第84回展 企画展示 
生誕120年 歿後70年 
吉田苞竹の軌跡Ⅱ
-苞竹の師 そして苞竹と志を共にした人たち-




開催期間:2010年11月8日~2011年3月5日

開館日:月曜~土曜(午前10時~午後5時)入館は午後4時半まで

休館日:日曜・祝日 年末年始12月28日~1月4日

開催場所:吉田苞竹記念会館


台東区立書道博物館 開館10周年記念 
中村不折コレクション、ベストコレクション。






開催期間:2010年10月9日~12月23日 
9:30~16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし10月11日は開館)10月12日

開催場所:台東区立書道博物館 台東区根岸2-10-4 03-3872-2645

主催:(財)台東区芸術文化財団
齋藤香坡の書画三味



【会   期】 2010年12月13日~2010年12月18日
10:00-18:00

【会   場】 小津ギャラリー
東京都 中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル2階

【入 場 料】 無料

【主   催】 齋藤香坡
【お 問 合 せ】 03-3662-1184

太源書道会展



【会   期】 2010年12月14日~2010年12月19日

【会   場】 大阪市立美術館
大阪府 大阪市天王寺区茶臼山町1番82号
【入 場 料】 無料

【主   催】 太源書道会
【お 問 合 せ】 06-6771-4874

日本・コリア友好美術展2010/京都



【会   期】 2010年12月14日~2010年12月19日

【会   場】 京都市美術館
京都府 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)
【入 場 料】 無料
【主   催】 日本・コリア友好美術展実行委
【お 問 合 せ】 075-771-4107

第41回 莞耿社岡山支部書道展



【会   期】 2010年12月14日~2010年12月19日
10:00~17:00最終日16:00まで

【会   場】 岡山県天神山文化プラザ第2展示室  
岡山県 岡山市北区天神町8-54 

【主   催】 莞耿社岡山支部
【お 問 合 せ】 086-279-1067 

第22回一華会展










【会   期】 2010年12月14日~2010年12月19日
9:30~17:00最終日は16:00まで

【会   場】 ふくやま美術館
広島県 福山市西町2-4-3
【主   催】 一華会
【お 問 合 せ】 084-932-2345

第39回 全書芸展



【会   期】 2010年12月8日~2010年12月20日
10:00-18:00(入場は午後5時半まで)

【会   場】 国立新美術館
東京都 港区六本木 7-22-2

【主   催】 全日本書芸文化院
【お 問 合 せ】 03-3294-3551

第28回 白峰社書展



【会   期】 2010年12月8日~2010年12月20日
10:00-18:00(入場は午後5時半まで)

【会   場】 国立新美術館
東京都 港区六本木 7-22-2

【主   催】 白峰社
【お 問 合 せ】 0428-22-7333

宇都宮女子書道部展



【会   期】 2010年12月17日~2010年12月20日

【会   場】 栃木県総合文化センター [地図]
栃木県 宇都宮市本町1-8

【主   催】 栃木県立宇都宮女子高等学校書
【お 問 合 せ】 028-633-2315
大田区立 熊谷恒子記念館 開館20周年記念展 第1期熊谷恒子 縁の品々を初公開!


会期:2010年7月1月(木)~12月23日(木・祝)
会場:大田区立熊谷恒子記念館


大田区立熊谷恒子記念館は、2010年4月に開館20周年を迎え、
記念展として2期に渡り、熊谷恒子 縁の品々を初公開します。

本展では、熊谷恒子の書の魅力だけでなく、同時代の女流 書家達に
「齢をとったら恒子先生のようなお婆さまになりたい」 とまで言わしめた
気品に溢れたその人物像の魅力にせまります。

第1期は所蔵作品の中から、未公開作品や熊谷恒子の祖父・江馬天江
や兄・江馬務、師・尾上柴舟や岡山高蔭らの作品を展示します。
熊谷恒子の生家は、京都江馬家で美濃大垣藩主侍医江馬家の分流に
あたります。代々侍医の家系でありながら、その中には江戸後期の女流
漢詩人・画家として有名な江馬細香がいます。
熊谷恒子の祖父・江馬天江は医学だけではなく、書家・漢詩人としても
有名で、私塾立命館(立命館大学の前身)の初代塾長も務めています。
また、熊谷恒子の兄・江馬務は大正・昭和期の風俗史学者として知られ
ている人物です。

熊谷恒子の生家・江馬家には芸術的に優れた人物が多く、それは熊谷
恒子の書に受け継がれていると言えるでしょう。
流麗で幽玄な熊谷恒子の世界をご堪能ください。



http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/kumagai/latest-exhibition/

利用案内開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始(12月29日~1月3日)
臨時休館(展示替えなど・会期と会期の間)
入館料 大人(16歳以上)・・・100円
小人(6歳以上)・・・50円
65歳以上(ご年齢の確認できるものをご提示ください)、6歳未満は無料
所在地 〒145-0025
東京都大田区南馬込4-5-15
TEL・FAX:03-3773-0123
交通 ■JR大森駅西口(山王方面)より東急バス4番「荏原町駅入口」行乗車「万福寺前」下車、徒歩5分。
■都営地下鉄浅草線 西馬込駅南口下車徒歩10分。

日本書道学士院展

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
saku 2010-11-17 18:45

 第24回日本書道学士院展(産経新聞社ほか後援)が11月4日、神戸市灘区の兵庫県立美術館原田の森ギャラリーで開催された(7日まで)。

全国から寄せられた書や色紙など約1100点を展示。

審査の結果、一般の部は宮城県の高橋●(王へんに奇)泉さんが、学生の部は大阪府交野市の松塚瀬里さんが大賞を受賞した。


その他の主な入賞者は次の通り。(敬称略)

 【一般の部】大阪府知事賞=前田山径(神戸市)▽兵庫県知事賞=周紫君(神奈川県)▽産経新聞社賞=高城由華(千葉県)▽大阪市長賞=岡村遊心(東京都)▽神戸市長賞=岩田丹嶺(神奈川県)

 【学生の部】準大賞=大西真央(大阪府茨木市)▽神田菜保子(広島県東広島市)▽大阪府知事賞=太田莉菜(大阪府高槻市)▽兵庫県知事賞=行廣香里(同枚方市)▽産経新聞社賞=千田さやか(宮城県)

 【色紙の部】プラチナ賞=錦織肇子(大阪府高槻市)▽ゴールド賞=小倉勝子(東京都)▽シルバー賞=醍醐和(同)▽産経新聞社賞=新田くるみ(大阪府茨木市)
 ふくやま書道美術館(広島県福山市西町)は、新春1月2日から開催する「ETOをかく2011新春展」の作品を9日から募集する。

年賀状や絵手紙など、新年の干支(えと)「卯(うさぎ)」を筆で書いた作品が対象で、全応募作を展示する。

 パソコンの普及などで筆離れが進むなか、筆を使って何かを書く楽しさを味わってもらおうと平成20年から実施している。

 誰でも応募でき、応募作は1人3点まで。

 はがきサイズの用紙に、うさぎの文字または絵を筆で書くことが条件(筆ペンは不可)。

 作品の裏面に住所・氏名を記入し、同美術館(〒720-0067福山市西町1の1の1 福山ロッツ8階)まで郵送、持参する。
 締め切りは12月26日。

 問い合わせは同館(084・991・5112)。
福島一浩書作展
【会   期】 2010年11月23日~2010年11月28日

【会   場】東京銀座画廊・美術館7階
東京都 中央区銀座2-7-18

【入 場 料】 無料

【主   催】 福島一浩書作展実行委員会

※11月23日午後1~4時の間に数回 
  松山真寿美によるサクソフォンの生演奏が予定されている


      ◆
荒木大樹書展
【会   期】 2010年11月30日~2010年12月5日

【会   場】東京銀座画廊・美術館7階
東京都 中央区銀座2-7-18
【入 場 料】 無料
【主   催】 寶徳書道会
【お 問 合 せ】 03-3670-9643

      ◆
東京三余会 かな書展
【会   期】 2010年10月26日~2010年10月31日
11:00~19:00 (最終日は17:00まで)

【会   場】 鳩居堂画廊3F
東京都 中央区銀座5-7-4
【入 場 料】 無料
【お 問 合 せ】 03-3574-0058

      ◆

林錦洞 遺墨展
【会   期】 2010年10月26日~2010年10月31日
11:00~18:00 (最終日は17:00まで)

【会   場】 東京銀座画廊美術館
東京都 中央区銀座2-7-18
【主   催】 今田篤洞
【お 問 合 せ】 03-3564-1644

      ◆

第8回東瀛印社篆刻展
【会   期】 2010年10月29日~2010年11月3日
10:00~17:00 (最終日は16:00まで)

【会   場】 財団法人日中友好会館 美術館
東京都 文京区後楽1-5-3

【主   催】 東瀛印社
【お 問 合 せ】 03-3288-0675

      ◆
2010年 誠心社現代書 小品作展
【会   期】 2010年10月30日~2010年11月5日
10:00~17:00 (最終日は15:00まで、入場は16:30まで)

【会   場】 上野の森美術館
東京都 台東区上野公園1-2
【入 場 料】 無料

【主   催】 誠心社
【お 問 合 せ】 03-3330-0651
          ◆
第36回 創玄現代書展
【会   期】 2010年11月2日~2010年11月7日
10:00~18:00(最終日は17:00まで)

【会   場】 東京セントラル美術館
東京都 中央区銀座2丁目7-18
【入 場 料】 無料

【主   催】 社団法人 創玄書道会
【お 問 合 せ】 03-3953-8349
奈良・正倉院で天平時代から受け継がれてきた宝物を展示する「第62回正倉院展」(主催・奈良国立博物館、特別協力・読売新聞社)の開会式が10月22日、奈良市の同博物館で開かれた。

 平城遷都1300年、光明皇后1250年遠忌にあたる今年は、会期を例年より3日長い20日間に延長し、23日から11月11日まで一般公開する。

 9月には会場の一つ、西新館の改修が完了した。
 熱をほとんど出さない発光ダイオード(LED)を照明に使って宝物への負担を軽減し、低反射、高透過で格段に見やすい展示ケースを8台新設した。

 初公開の14件を含む71件を展示し、19年ぶりに公開された「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」の前では、1952年の調査で録音した音色が流れ、美しい装飾と一緒に楽しむことができる。薬

の目録「種々薬帳(しゅじゅやくちょう)」など、光明皇后の慈愛の心がしのばれる品々も並び、来場者は熱心に見入っていた。
 書家・井上有一(1916~85)の作品を取り上げた書道企画展「YU-ICHI展 常識に非(あら)ざる一字書」が徳島県立文学書道館(徳島市中前川町2)で開かれている(11月21日まで)。出品は27点。

 井上は東京出身。書道界とは一線を画し、さまざまな表現に挑戦し、その独自の世界は海外でも評価が高い。生涯プロにはならず、学校教師を続けた。

 会場には、
▽「貧」の一字を書いた4点が並び、同じ字ながら雰囲気がそれぞれ異なる。
▽「母」は、筆毛の跡が強く残る作品で、文字が立体的に書かれる。

午前9時半~午後5時。月曜休館。入館料一般500円、高大生350円、小中生250円。


◆関連情報
東京大空襲忌「ああ横川国民学校」など井上有一の遺墨が展示された(東京・墨田 リバーサイドホール 3月11日まで開催された)
http://lincs.co.jp/modules/contents/details.php?bid=740
【会   期】 2010年10月13日~2010年11月29日
9:00~17:00

【会   場】 犬養木堂記念館 企画展示室
岡山県 岡山市北区川入102-1

【主   催】 犬養木堂記念館
【お 問 合 せ】 086-292-1820
東京国立博物館は、中国・上海で、「千年丹青-日本・中国珍蔵唐宋元絵画精品展-」が9月29日開幕した。


▲ 2009年上海博物館風景

唐時代から宋・元時代にかけて、中国の絵画は各種の典型的な様式が創出されるとともに、宮廷絵画と文人絵画が隆盛し、明・清時代の絵画の趨勢をたどる展観。

唐・宋以来、日本に請来された中国絵画は、日本絵画の発展にも大きな影響を与えました。日本に流伝するこれらの中国絵画の中には、中国美術史上、重要な地位を占める名品が少なくありません。

この展覧会は、日本に現存する中国絵画の名品を里帰りさせ、日中両国の文化交流を促進しようとするもので、上海で開催中の万国博覧会、さらには同じく上海で11月に開催される国際博物館会議(ICOM)の総会に合わせて開催されるものです。

「鑑真と空海-日中文化交流の顕彰-」も併催しています。

 展覧会名 : 海外展「千年丹青-日本・中国珍蔵唐宋元絵画精品展-」
 会期 : 2010年9月29日(水)~2010年11月23日(火)
 会場 : 上海博物館(中華人民共和国上海市)
       http://www.shanghaimuseum.net/
 主催 : 東京国立博物館、上海博物館


☆千年丹青―日本・中国珍蔵唐宋元絵画精品展出品目録☆

2010年9月29日-11月23日
開館時間:9:00-17:00(年中無休) 票価:無料


(展示替:前期9月29日-10月25日、後期10月27日-11月23日)
日本公私機関の国宝・重文多数を含む精品40件(47幅)と上海博物館蔵20件、北京故宮博物院2件、遼寧省博物館4件の唐宋元絵画を展示
東京國立博物館:24幅
南宋
◎石恪(傳) 二祖調心圖(2幅) 各35·3×64·4(前)
●梁楷 出山釋迦圖軸 117·6×52(前)
◎梁楷 六祖截竹圖軸 72·7×31·5(後)
◎梁楷(傳) 李白行吟圖軸 81·1×30·5(後)
●梁楷(傳) 雪景山水圖軸 110·3×49·7(後)
●李迪 白芙蓉圖頁 25·5×25·7(前)
●李迪 紅芙蓉圖頁 25·5×26(前)
◎馬遠 洞山渡水圖軸 77·6×33(後)
◎馬遠(傳) 寒江獨釣圖軸 26·7×50·6(前)
●李生 瀟湘臥游圖卷 30·3×400·4,題跋約400(前)
◎金大受 十六羅漢圖軸(2幅) 各118·8×51·7(前)
◎宋汝志(傳) 雛雀圖頁 21·6×22·5(後)
◎陳容(傳) 五龍圖卷 45·2×299·5(前)

○因陀羅 寒山拾得圖軸(2幅) 各75·8×31·5(前)
●因陀羅 寒山拾得圖軸(後)
◎羅稚川 雪江圖軸 52×77(前)
◎顏輝(傳) 寒山拾得圖軸(2幅) 各127·6×41·8(前)
◎平石如砥等贊 四睡圖軸 77·8×34·3(後)
○孫君澤 雪景山水圖軸 126×56·5(前)
◎孫君澤(傳) 高士觀眺圖軸 102·1×82·8(後)
九州國立博物館: 1幅
南宋◎牧溪 布袋圖軸 96·4×41·3(前)
大阪市立美術館:9幅
唐◎王維(傳) 伏生授經圖卷 25·4×44·7,題跋約305(後)
唐 梁令瓚(傳) 五星二十八宿神形圖卷 27·5×489·7,題跋約72(前)
北宋 燕文貴 江山樓觀圖卷 32×161,題跋約520(前)
北宋 胡舜臣 送郝玄明使秦圖卷 30×111,題跋約270(後)
南宋 米友仁 遠岫晴雲圖卷 24·7×28·6(後)
金 宮素然 明妃出塞圖卷 32×161,題跋約370(前)
元 李成、王曉(傳)讀碑窠石圖軸 126·3×104·9(後)
  郭忠恕(傳) 明皇避暑宮圖軸 160·2×105·6(後)
  鄭思肖 墨蘭圖卷 25·7×42·4,題跋約283(後)
京都國立博物館:4幅
南宋◎牧溪 遠浦歸帆圖卷 32·5×112·7(前)
   大悲宗臬自贊像軸(後)
元◎郭畀 枯槎幽篁圖卷 33×106·1(後)
 ◎草蟲圖軸(2幅) 118·9×83·1(前)
奈良國立博物館:3幅
南宋◎陸信忠 佛涅槃圖軸 157·1×82·9(前)
   陸信忠 十王圖軸(2幅) 各83·2×47(前)(後)
大和文華館:3幅
北宋◎趙令穰 秋塘圖軸 22·2×24·3(後)
南宋●李迪 雪中歸牧圖軸(2幅) 各24·2×23·8(後)
文化庁:1幅
南宋◎玉澗 洞庭秋月圖 33·3×85·5(前)
根津美術館:1幅
南宋◎馬麟 夕陽秋色圖軸 51·5×27(前)
上海博物館:(前、後)
五代 無款 閘口盤車圖卷 1級
北宋 郭熙 幽谷圖軸 1
南宋 梁楷 八高僧圖卷 1
南宋 李迪 雪樹寒禽圖軸 1
南宋 馬麟 樓臺夜月圖頁 1
南宋 無款 西湖圖卷
南宋 無款 溪山圖卷
南宋 無款 晚景圖軸
南宋 無款 虞美人圖頁
南宋 無款 歌樂圖卷
元 李士行 枯木竹石圖軸 1
元 倪瓚 漁莊秋霽圖軸 1
元 王蒙 青卞隱居圖軸 1
元 王淵 竹石集禽圖軸 1
元 王冕 墨梅圖軸 1
元 張渥 九歌圖卷 1
元 華祖立 玄門十子圖卷 1
元 張遠 瀟湘八景圖卷 
元 夏永 藤王閣圖頁 
元 盛懋 秋舸清嘯圖軸 1
北京故宮博物院2件
北宋 王詵 煙江疊嶂圖(後)
元 朱德潤 秀野軒圖(前)
遼寧省博物館4件
南宋 馬麟 荷郷清夏図(前)
元 張激 白蓮社圖(前)
元 趙雍 竹西草堂圖(後) 等
 図録:陳燮君主編『千年丹青——細読中日蔵唐宋元絵画珍品』北京大学出版社,2010年
鑑真與空海:中日文化交流的見證
2010年9月29日-11月23日
◎木造鑑真和尚坐像 奈良・東大寺
◎木造弘法大師坐像 和歌山・金剛峯寺
●唐 木造諸尊仏龕 伝空海請来
【会   期】 2010年9月25日~2010年11月23日
9:00~17:00 (入館16:30まで)

【会   場】 篆刻美術館
茨城県 古河市中央町2-4-18
【主   催】 篆刻美術館
【お 問 合 せ】 0280-22-5611

篆刻美術館のご紹介は以下の通り。
     ↓
http://lincs.co.jp/modules/pico2/index.php?content_id=4
2010「日本古代の碑を書く」展 が10月21日(木)~11月28日(日)の間、多胡碑記念館で開催される。




 多胡碑は、奈良時代初期の和銅4(711)年に当時の群馬県では14番目の郡の多胡郡が誕生したことを記す記念碑で、日本三古碑の一つです。当時の三つの郡から三百戸を分割し、新しく多胡郡を設けたことが記されています。

その優れた書体は今も多くの書家達に愛好されていることから、多胡碑記念館が設立され古代碑ファンが訪れ、中国等の拓本等に親しんでいる。

周囲は緑あふれるいしぶみの里公園として人々の憩いの場ともなっています。


問い合わせ等は、 〒370-2107 群馬県高崎市吉井町池1085番地の
多胡碑記念館
027-387-4928 027-387-8726
tagohi@city.takasaki.gunma.jp へ。
燕市分水良寛史料館(西海土寿郎館長)は、10月5日から11月7日まで秋の特別展「良寛墨宝展」を開催中だ。


書家や歌人としても敬慕を集める越後の禅僧、良寛(1758-1831)のなかでも国指定重要文化財をはじめとした名作の書を展示している。


同史料館は春と秋に良寛を特集した特別展を開いており、今回は地元の良寛ゆかりの家や収集家が所蔵する15点と館蔵品7点、計22点の良寛の作品を展示。あわせて良寛の師や敬慕者、親交者、親族などの作品も展示している。


目玉はモミジの葉の地模様がある料紙と呼ばれる紙に和歌を書いた作品。
燕市国上、五合庵に住んだ後期、50歳代後半から60歳代の作品と思われ、モミジを詠んだひとつは1首、もうひとつは2首の和歌を書いた2枚の料紙を軸装してあり、モミジの文様と自由闊達(かったつ)な良寛の運筆がほかでは見られない趣向を表現しているうえ、良寛の親友の印鑑も押してある国指定重要文化財だ。

さらに「頭髪蓬々(とうはつぼうぼう)」で始まる七言詩の新潟県指定重要文化財や、「三世諸佛」で始まる経を書いた良く知られる作品もあり、良寛の書の魅力を余すことなく披露している。

この展示にあわせて10月30日午後1時半から燕市分水商工会館で全国良寛会の高橋郁子理事を講師に講演会を開き、「良寛さまと貞心尼」のテーマで聴講してもらう。

また、ミニギャラリーでは、11月28日まで「墨彩画 藤井克之展」を開いており、新潟市西蒲区(旧巻町)に生まれ住み、墨彩画を描く藤井克之さんが五合庵や田植え、出雲崎の家並みなど主に地元に取材した作品15点を展示している。

午前9時から午後4時半まで開館、休館日は月曜で、月曜が祝日ならその翌日が休館。入館料はおとな300円、学生200円、小中学生100円、ミニギャラリーだけの観覧は無料。
佐久市近代美術館は10月2日から、特別企画展「現代書道の父比田井天来」を開催。

同市協和出身の天来(1872~1939年)の未発表作品50点余を含め、びょうぶや掛け軸など約250点を展示。生涯と作風の変遷をたどる。

「龍跳」(屏風)は未発表で、「俯仰法」という筆法を見いだした直後に書かれたもの。屏風を注文して天来を経済的に支えた旧協和村(佐久市)の人々との交流を示す資料や、天来が研究した中国古典の拓本なども並ぶ。



 11日には同館と県佐久創造館で「天来祭り」を開き、作品鑑賞会や望月、野沢南、飯田の各高校による書道パフォーマンスを行う。


 特別企画展は12月5日まで。11月8、15、29日休館。大人600円、高校・大学生400円、小中学生250円。
種谷扇舟展:「泰山」など35点集め 千葉・成田山書道美術館で開催
 種谷扇舟展が千葉県成田市の成田山書道美術館で開かれている。10月24日まで。

 種谷扇舟さんは1914年、同県八街市生まれ。
 小・中・高校、大学で教壇に立った。
 
 浅見喜舟さんらに師事。

 白扇書道会を主宰し、飯高和子さん、木村英峰さん、最首翠風さん、種谷萬城さん、辻元大雲さん、半田藤扇さん、牧絹舟さん、村山元信さんらを育てた(飯高さんらは同館で併催中の千葉県書道協会役員展に出品)。毎日書道会名誉会員。2004年、90歳で死去した。

 展示作品は35点。代表作「悠遠なる摩崖碑」シリーズ(94年)の「泰山」=などは、書の古里・中国への熱い思いが紙面からほとばしっている。童謡に題材を求めた晩年の作品群は、教育者としての優しいまなざしが強く印象に残る。

 「雲峰山疲れたよ俺」=は04年9月18日に書かれた文字通りの絶筆。書家の優しさがそのまま線として結晶したかのようだ。同館学芸員の高橋利郎さんは「何ものをも受け入れてしまうような、大きくてゆったりとした書をぜひ味わってほしい」と話している。【桐山正寿】
第42回日展 (平成22年度) 展覧会情報

会期=2010年10月29日(金) ~12月5日(日)
【休館日】 11月2日(火)、9日(火)、16日(火)、24日(水)、30日(火)
【観覧時間】 10:00~18:00(入場は17:30まで)
金曜日は10:00~20:00(入場は19:30まで) ただし、初日10月29日(金)は18:00で閉場
11月12日(金)は「日展の日」。入場無料となります。


会場=国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
【交通】千代田線「乃木坂駅」6番口直結、日比谷線「六本木駅」4a口より徒歩5分、都営大江戸線「六本木駅」7番口より徒歩4分

主催=社団法人日展
後援=文化庁
入場料= 当日券 トワイライトチケット
(16:30以降販売の当日券) 前売券・団体券
一般 1,200円 300円 1,000円
高・大学生 700円 200円 500円
※「小・中学生無料鑑賞券」制度あり。(希望学校あて配布)
※団体券は20名以上。20枚購入につき招待券1枚を進呈。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第42回日展 開催中のイベント (主催: 国立新美術館・社団法人日展)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月29日~12月5日の日展開催中、芸術の秋を楽しんでいただくための多彩なイベントが開催される。

--------------------------------------------------------------------------------

●講演会・映像による作品解説 ~作品の背景と美術の本質を分かりやすく解説
会場: 国立新美術館 3階講堂 入場無料
実施日程   ※変更になる場合があります
開催日 時間 講演者/解説者(映像解説者は日展作家)
10月30日 (土) 13:30~14:10 『日展の日本画』
美術評論家 泉屋博古館分館長 川口 直宜 氏
14:20~15:20 【日本画】 芦田 裕昭、中出 信昭
10月31日(日) 13:30~14:10 『日展の洋画』
多摩美術大学教授 本江 邦夫 氏
14:20~15:20 【洋画】 伊牟田 經正、湯山 俊久
11月3日(水・祝) 13:30~14:10 『日展の彫刻』
兵庫教育大学 連携推進研究員 大須賀 潔氏
14:20~15:20 【彫刻】 池川  直、柴田 良貴、谷口 淳一
11月6日(土) 13:30~14:10 『日展の工芸美術』
東京国立近代美術館 工芸課長 唐澤 昌宏 氏
14:20~15:20 【工芸美術】 宮田 亮平、井隼 慶人、永澤 永信
11月13日(土) 13:30~14:10 『日展の書』
書道文化研究家 西嶋 慎一 氏
14:20~15:20 【書】 土井 汲泉、宮崎 葵光、田頭 一舟
11月20日 (土) 13:30~14:30 【日本画】 岸野 圭作、村居 正之
14:40~15:40 【洋画】 樋口 洋、松田 茂
11月23日 (火・祝) 13:30~14:30 【彫刻】 亀谷 政代司、堀内 秀雄、堀尾 秀樹
14:40~15:40 【書】 内藤 富卿、関 吾心、内藤 望山
11月28日 (日) 13:30~14:30 【工芸美術】 原 典生、山岸 大成、司辻 光男


--------------------------------------------------------------------------------

●ミニ解説会 ~期間中の平日開催&1人からでも解説が受けられる
開催日程: 第42回日展会期中の平日(土・日・祝日・初日・11月12日を除く各日)
時間: 午後1時30分~ (30分間程度)
定員:各部門20名 (5部門)
参加費: 無料 各自入場券をご用意ください。
参加申込: 予約制 ※当日受付あり。詳細は下記日展事務局までお問い合わせください。

--------------------------------------------------------------------------------

●らくらく鑑賞会 ~出品作家たちとゆっくり日展を鑑賞したい方に
開催日程: 11月8日(月)・15日(月)・22日(月)・29日(月)
時間: 午前10:30集合 16:10解散(昼食つき)
定員: 各回10~15名
参加費: 1名 5,000円 (入場料・昼食・テキストほか)
参加申込: 予約制 ※詳細は下記日展事務局までお問い合わせください。

--------------------------------------------------------------------------------

●グループ作品解説 ~平日(月~金)に15名前後の団体で作品解説をご希望の方に
日展作家が会場をご案内いたします。日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書のいずれか1部門をお選びいただき、約1時間で主要作品をご説明いたします。ご希望のグループは下記日展事務局へ事前にご予約ください。
校外学習やクラブ活動など、学校のグループにも学年や目的に応じた解説をいたしますのでご相談ください。

--------------------------------------------------------------------------------

●「日展の日」特典
11月12日(金)は「日展の日」、入場無料になります
--------------------------------------------------------------------------------

●親子鑑賞教室 ~親子で記憶に残る体験をしてみませんか! 日展作家が直接指導します
後援:心の東京革命推進協議会(青少年育成協会)
対象: 小・中学生とその保護者
定員: 各部門10組 (20名程度)
参加費: 無料 各自入場券をご用意ください。
参加申込: 往復ハガキに参加希望者の住所・電話番号・氏名・年齢・人数・希望日・希望部門(※第2希望まで)を明記のうえ、下記日展事務局「親子鑑賞教室係」までお申し込みください。申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。
申込締切: 10月28日 (木) 必着


開催日 時間(各回約2時間) 部門(※希望する部門を選択)
11月7日(日) 10:30~ 日本画 洋画 書
14:00~ 彫刻 工芸美術
11月14日(日) 10:30~ 日本画 洋画 書
14:00~ 彫刻 工芸美術
11月21日(日) 10:30~ 日本画 洋画 書
14:00~ 彫刻 工芸美術



 お申し込み・お問い合わせ
 〒110-0002 東京都台東区上野桜木2-4-1
  日展事務局 展覧会係
 Tel. 03-3823-5701
「王学仲教授書画作品展」が、日中友好芸術協会の主催で、2010年9月24日から2010年9月27日まで、武蔵野市民文化会館を会場に開催される。

王学仲氏は、1925年、山東省滕県生まれ。中央美術学院卒業。
斉白石、黄賓虹、張伯英、徐悲鴻に師事する。

 
1953年、天津大学美術教育研究室に赴任、今日に至る。
この間、2007年まで中国書法家協会副主席の要職を務め、書法理論分野の統轄責任者という立場にあった。

 詩文に優れ、美術界の元老的作家でもあり、いわゆる詩書画三絶の伝統に精通し、現代中国の国宝級芸術家として信望を集めている。


王学仲氏は日本にも馴染みが深く、1981年より2年間、筑波大学芸術学系の客員教授として日本に滞在、1983年、東京銀座鳩居堂画廊で個展を開催。

 以後、1992年、北京の人民大会堂において王学仲芸術国際研討会が、2001年には、北京の中国国立美術館で教授の書画展が大々的に催され、2007年には、ロシアモスクワ国立美術館においても同書画展を開催した。




費用 観覧料  一般 500円   小中学生 300円

問い合わせ先 日中友好芸術協会連絡事務所 TEL 0422-46-9105
関連URL http://www.lankyu.com/ougakuchu_exhibition.htm
光明皇后1250年御遠忌記念
特別展「東大寺大仏―天平の至宝―」
東京国立博物館平成館 
2010年10月8日(金)~12月12日(日)

 東大寺は、聖武天皇と光明皇后が、夭逝した皇子の菩提を弔うため造営した山房に始まり、やがて、聖武天皇の発願により盧舎那仏(るしゃなぶつ)が造立され、国家的な仏教信仰の中心になりました。天平勝宝4年(752)には大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)が盛大に執(と)り行われ、インド、中国の僧が参加するなど国際色豊かな文化が生まれました。後世の兵火により2度罹災しますが、そのたびに高僧らが復興、再建に取り組み、創建時の天平文化を代表する至宝が伝わっています。
 本展では大仏造立に関わる作品を通して天平文化の精華をご覧いただきます。大仏殿前の高さ4.5メートルを超える八角燈籠(国宝)が寺外で初公開となるほか、古代の誕生仏では日本最大として知られる誕生釈迦仏立像(国宝)や、大仏開眼供養会などに使用された伎楽面(重要文化財)など、天平の宝物を一堂に展示します。また鎌倉時代、江戸時代に大仏を再興した、重源(ちょうげん)上人、公慶(こうけい)上人の肖像彫刻の傑作などを通じて、今日まで脈々と伝えられる東大寺の歴史を紹介します。さらにバーチャルリアリティー(VR)映像で平安時代末期に焼失した創建時の大仏殿を再現、寺では見ることのできない盧舎那仏の背面を含め、360度ぐるりと大仏をご覧いただきます。




■ 開催概要
会 期 2010年10月8日(金)~12月12日(日)

会 場 東京国立博物館 平成館 (上野公園)

開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日は20:00まで、土・日・祝日は18:00まで開館)

休館日 月曜日(ただし10月11日(月・祝)、11月8日(月)、11月15日(月)は開館し、10月12日(火)は休館)


観覧料金 一般1500円(1300円/1200円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料 * ( )内は前売り/20名以上の団体料金
* 障害者とその介護者一名は無料です。入館の際に障害者手帳などをご提示ください。
*交 通 JR上野駅公園口・鶯谷駅より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分

主 催 東京国立博物館、華厳宗大本山東大寺、読売新聞社

後 援 文化庁、平城遷都1300年記念事業協会

協 賛 清水建設、大和証券、トヨタ自動車、ニッセイ同和損害保険、藤田観光、文化服装学院、みずほ銀行、光村印刷

特別協力 ソニー、ソニービジネスソリューション

協 力 日本ヒューレット・パッカード

映像協力 凸版印刷

お問い合わせ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

展覧会ホームページ http://todaiji2010.jp/ (表示にはFlash Playerが必要です)



■ 関連事業
  記念講演会
第1回
平成館 大講堂 2010年10月30日(土) 13:30~15:00
講師:東京国立博物館特任研究員 金子 啓明


第2回
平成館 大講堂 2010年11月6日(土) 13:30~15:00
講師:華厳宗大本山東大寺別当 北河原 公敬 師


  光のイベント
「なら燈花会」
平成館 前庭 2010年10月22日(金) 


「なら瑠璃会」
平成館 前庭 2010年11月12日(金) 

※ 天候により中止になる場合があります。

■ 展覧会のみどころ

東大寺のはじまり-聖武天皇の平和への願い

 聖武天皇と光明皇后は、1歳になる前に夭逝した皇子を弔うために山房を営みました。詳細は不明ですが、大仏殿の東に位置する二月堂や法華堂のある、現在、上院とよばれる地域周辺にあったようです。東大寺の境内の山中には、東大寺創建より古い時期の瓦の出る場所が複数あるので、その山房が発展したともいわれる金鐘寺(こんしゅじ)をはじめいくつか存在した寺を合わせて大和国国分寺である金光明寺(き(こ)んこうみょうじ)が成立したと考えられます。
 聖武天皇が大仏造立を発願した天平15年(743)、当時、紫香楽(しがらき、現在の滋賀県信楽町)に宮を遷(うつ)していたためその地で着工しましたが、天平17年(745)平城京に戻り、金光明寺に大仏を造ることにしました。東大寺という名前が歴史に登場するのは大仏の鋳造が始まった直後の天平19年(747)です。東大寺に現存する西大門勅額に「金光明四天王護国之寺(き(こ)んこうみょうしてんのうごこくのてら)」とあるのは、東大寺が金光明寺の発展した寺であり、大仏が完成した後も、大和一国のみならず日本の中心的な寺院としての役割を担ったことを意味しています。
(特別展)王朝の名筆-三蹟を中心として-

会期=9/11(土)~9/26(日)

会場=ふくやま美術館(720-0067 福山市西町二丁目4-3)

【観覧料】 一般共通券550円(ふくやま書道美術館所蔵品展との共通券)、
一般500円(400円)/高校生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金

 藤原佐理(ふじわらのすけまさ)は平安時代の能書で三蹟のひとりです。佐理の筆跡としては、「詩懐紙(しかいし)」、「離洛帖(りらくじょう)」、「国申文帖(くにのもうしぶみじょう)」、「恩命帖(おんめいじょう)」などが主なものとしてあげられますが、2006年に寄託された書状「頭弁帖(とうのべんじょう)」は最晩年の作として知られています。
 この作品を半世紀ぶりに公開するにあたり、三蹟の筆頭で「王羲之の再生」といわれた小野道風(おののみちかぜ)、世尊寺流の始祖で多くの名筆を残した藤原行成(ふじわらのゆきなり)ら三蹟を中心とした古筆を展観いたします。これら王朝の名筆から優美な和様の世界を味わっていただけましたら幸いです。
 ふくやま書道美術館の運営に情熱を注いでこられました、栗原蘆水様が去る6月30日に急逝されました。栗原様は書道美術館を一流としたいとの思いから「頭弁帖」の寄贈と本展の開催を夢みてこられました。作品はご遺族から寄贈を受けることになり、本展は心ならずも栗原蘆水様を追悼する展覧会となりました。
 
ふくやま美術館では、小野道風や藤原佐理・藤原行成ら三蹟の作品と、紀貫之(きのつらゆき)の筆と伝えられる「寸松庵色紙(すんしょうあんしきし)」などの仮名を加え、国宝1点、重要文化財8点、重要美術品3点を含む合計26点で王朝の名筆を、ふくやま書道美術館では、所蔵品の栗原コレクションの中から奈良・平安の古写経、手鑑、古筆切をはじめ江戸時代までの日本の書をご紹介いたします。

記念講演会
「和様の成立と古筆の展開」
【日時】9/11(土)10:30~
【講師】島谷弘幸氏(東京国立博物館学芸研究部長)
【会場】福山ニューキャッスルホテル 3階光耀の間
【定員】200名(先着順) 聴講無料
作品解説会
【日時】9/23(木、祝)14:00~
【会場】ふくやま美術館
※展覧会場で行いますので、当日の観覧券が必要です。


ふくやま書道美術館同時開催企画
「奈良から江戸へ-所蔵の名品より-」
【会期】9/11(土)~9/26(日)
【開館時間】10:00~19:00
【観覧料】一般150円(120円)、高校生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金
特別展「王朝の名筆」に合わせ、奈良・平安時代の古写経、手鑑、古筆切をはじめとした江戸時代までの名品を紹介します。

主な出品作品
・手鑑「あし邊」  伝聖武天皇、伝光明皇后 他
・古写経断簡
・林葉和歌集切  伝西行
・記録切 藤原定家
・香具屋切 後醍醐天皇
・墨蹟 一休宗純
・詩歌手鑑 近衛信伊
・書状 本阿弥光悦
・歌かるた 烏丸光広
・撥草 沢庵宗彰
・消息幅 小堀遠州
かながわ遊ナビ:茅ケ崎で一美書道会 「宙」をテーマに

 一美書道会(小川對山代表)は、8月13~15日、茅ケ崎市茅ケ崎1の茅ケ崎市民文化会館展示室で「一美書道展」(毎日新聞社、創玄書道会後援)を開く。

 今回は、宇宙飛行士の野口聡一さんをたたえ、「宙(そら)」をテーマにする。

8月の書道展案内

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
saku 2010-7-30 8:53

「書と共に四十年 棧敷東石書展」 
 
「第二十回記念 日月書道会役員選抜展」

開催期間:2010年9月14日~9月19日 
10:00~18:00(最終日は16:00まで)

開催場所:東京銀座画廊美術館 銀座2丁目銀座貿易ビル7階 
名鉄メルサ2-7F 03-3564-1644

後援:毎日新聞社 毎日書道会 かな書作家協会 全日本書道連盟 現代書道院


「2010 臨泉会選抜小品 展」
開催期間:2010年9月7日~9月12日 
午前11時~午後7時(最終日5時迄)

開催場所:鳩居堂 4階画廊 
中央区銀座5-7-4 03-3574-0058


「第四十三回 掃雲書展」


開催期間:2010年8月19日~8月22日 午前十時~午後五時
開催場所:シアター一〇一〇ギャラリー(北千住西口 マルイ11階) 

主催:掃雲書道会 
後援:東京都 毎日新聞社 日本書学院 全日本書道連盟


「 第29回書究院展」
開催期間:2010年8月18日~8月22日 

開催場所:札幌市民ギャラリー 札幌市中央区南2条東6丁目
地下鉄東西線、バスセンター下車10番出入口南へ2分 10時~18時まで 最終日22日(日)は16時終了 

主催:書究文化書芸院 

後援:北海道 札幌市 北海道教育委員会 札幌市教育委員会 北海道新聞社 毎日新聞社


「尾形澄神書展」

開催期間:2010年8月13日~8月18日 
10:30~18:00(最終日は17:00まで)

開催場所:せんだいメディアテーク6階ギャラリーa 

主催:尾形澄神書展実行委員会 

後援:毎日新聞社 (社)全日本書道連盟 (財)毎日書道会 (財)書道芸術院 日本詩文書作家協会 (社)宮城県芸術協会 河北新報社 白扇書道会 宮城野書人会

「 第8回 李燁會書展」
開催期間:2010年8月11日~8月14日 
11:00~19:00 最終日14日は17:00迄

開催場所:文京シビックセンター 1F 展示室

賛助作品:石飛博光先生

主宰:中田李燁

後援:毎日新聞社 創玄書道会 日本詩文書作家協会 博光書道会

「貞香会展」
開催期間:2010年8月4日~8月16日 休館日:8月10 
AM10:00~PM6:00(入場はPM5:30まで)最終日はPM4:00閉館(入場はPM3:00まで)
開催場所:国立新美術館3A 港区六本木 

主催:貞香会 
後援:毎日新聞社

「第50回 東香書展」

開催期間:2010年8月3日~8月8日 
10:00~18:00 最終日16:00まで

開催場所:東京銀座画廊・美術館(銀座貿易ビル7階)

主催:東香会

後援:財団法人書壇院 毎日新聞社 埼玉県書道人連盟


「小林信恵書展」
開催期間:2010年7月27日~8月1日 
10:00~18:00 最終日は17:00まで

開催場所:アートサロン毎日 パレスサイドビル1階 
千代田区一ツ橋1-1-1 03-3212-0321 内線8658



「 書壇院展審査会員による 日本文の書展」

開催期間Ⅰ期:2010年6月30日~7月10日 
Ⅱ期:2010年7月14日~7月24日
Ⅲ期:2010年7月28日~8月7日
開催場所:吉田苞竹記念会館 

主催:財団法人書壇院


「 第二回 日本篆刻家協会役員展」


開催期間:2010年6月26日~8月26日 
9:00~17:00(入館16:30まで)
(休館日:毎週月曜日ただし祝日の場合は翌日及び毎月第4金曜日)

開催場所:古河市 篆刻美術館 展示室 古河市中央町2-4-18 0280-22-5611

主催:日本篆刻家協会

主管:篆刻美術館
【会   期】 2010年8月6日~2010年8月8日

【会   場】 東京芸術劇場展示ギャラリー
東京都 豊島区西池袋1-8-1

【入 場 料】 入場無料

【主   催】 書道研究 有隣社

【お 問 合 せ】 03-3931-9849

出品は、以下の通り。

●有隣社書展(第1室)
特別展観
故 青 山 杉 雨 先生(文化勲章受賞・日本藝術院会員)
故 成 瀬 映 山 先生(文化功労者・日展参事)
梅 原 清 山 先生(槙社文会会長・日展参事)

●「日本の書」名家60選(第2室)
伝弘法大師・伝後鳥羽天皇・伝尊円親王・応胤親王・徳川家康・岡本半介・林道栄・高天漪・伊藤東涯・太宰春台・松下烏石・三井親和・寂厳・池大雅・韓天寿・皆川淇園・柴野栗山・頼春水・菅茶山・古賀精里・亀田鵬斎・頼杏坪・大窪詩佛・野呂陶斎・佐藤一斎・貫名菘翁・市河米庵・頼山陽・篠崎小竹・梁川星巌・藤田東湖・中澤雪城・小野湖山・山中信天翁・谷如意・神山鳳陽・江馬天江・西郷南洲(隆盛)・中林梧竹・長三洲・木戸松菊(孝允)・長井雲坪・巌谷一六・高橋泥舟・高崎正風・山岡鐵舟・奥原晴湖・三條梨堂(実美)・山縣含雪(有朋)・日下部鳴鶴・伊藤春畝(博文)・西川春洞・西園寺陶庵(公望)・北方心泉・前田黙鳳・阪正臣・犬養木堂(毅)・中村不折・若槻克堂(禮次郎)・宮島詠士(大八)

●遠藤昌弘書展(第3室)
 日本を代表するアートディレクター、浅葉克己さんの展覧会「デザインの港2。浅葉克己展。」(神奈川新聞社などの主催)が7月7日、県民ホールギャラリー(神奈川県横浜市中区)で始まった。22日まで。

 浅葉さんは同市金沢区出身で、日本の広告史に残る作品を数多く制作していることで知られる。

今回の展覧会は東洋、西洋、宇宙という3つの視点から構成。
これまでに手がけた広告ポスターのほか、卓球専門誌で連載しているコラムを元にしたパネル、隕石などをテーマに松井孝典・東京大名誉教授と制作した新作ポスターなどが並ぶ。また、デザイナーの三宅一生さんが来月発表する最新作が、浅葉さんが手がけたロゴとともに展示されている。

 会期中無休。
一般500円、学生・65歳以上400円。
11日午後3時からは「浅葉克己の筆を持つ会」と題した講演と書道のワークショップが開かれる(当日申し込み可、有料)。
問い合わせは同ホール電話045(662)5901。
昭和を代表する書家・小坂奇石(こさか・きせき 1901~91年)の作品を紹介する書道特別展「奇石の気概-脱俗・心画(しんかく)の書」が7月3日、徳島市内の県立文学書道館で始まった(8月15日まで)。



筆線に精神の高さの現われを追求し、生涯、書境の深さをもめと続けた奇石の54歳から87歳までの作品40点を展示。



 19日は、奇石が大阪で創立した書道結社「璞社(ぼくしゃ)」の江口大象会長による展示解説、書道文化研究家の西嶋慎一さんによる講演が予定されている。

会 期=2010年7月3日(土)~8月15日(日)
      午前9時30分~午後5時
      月曜休館 7月19日は開館し、翌20日は休館


会 場=徳島県立文学書道館 1階 特別展示室・ギャラリー
観覧料= 一般:500円(400円)
    高校・大学生:350円(280円)
    小・中学生:250円(200円)
    ()内は20名以上の団体料金です。
    ▲上記料金で常設展示室もご覧いただけます。
    ※高齢者・障害者の方は半額
    ※小・中・高校生は、土・日・祝日は無料
生誕110年記念、松井如流-書・学一如の生涯-
 
◇高雅にして悠々たる世界
 「生誕110年記念 松井如流-書・学一如の生涯-」が第62回毎日書道展の特別展示として7月7日~8月1日、国立新美術館(東京・六本木)で開かれる。


展示は三つに分けられ、多面的業績を紹介する。

 ■第1部「書家如流」<第1期「書・学修業の時代>

 如流は19歳で上京。吉田苞竹(1890~1940年)に師事する。敬愛する師の下で書の知識を吸収しながら、戦前は東方書道会展などで活躍する。

 「臨西狹頌」(32年)▽「臨張遷碑」(33年)▽「王維 藍田山石門精舎」(37年)などは技量と品格の高さが際立ち、年齢を超越した書人としての才能を示した。

 <第2期「漢隷の作家」の時代>

 隷書の魅力に引かれ「寒山詩」(50年)▽「陸放翁句」(54年)▽「平安」(55年)など雄大かつ懐の広い書は「漢隷の如流」の名をとどろかせた。「韋應物 石鼓歌」(58年)など木簡の雰囲気をいち早く取り入れた作品も誕生した。「杜少陵詩」(日展出品作、63年)は日本芸術院賞に輝いた。

 <第3期 大字書の時代>

 戦後、新しい書への模索が始まった。如流は手島右卿(1901~87年)と共に、現在の「大字書」という分野を切り開いていく。

 「從心」(58年)▽「淵」(61年)▽「〓」(64年)▽「斷」(65年)▽「散」(66年)▽「古」(68年)▽「知魚樂」(68年)▽「龍虎」(70年)▽「樂以忘憂」(79年)▽「圓通」(79年)などはキリッとしながら悠然とした線が走る。古典を踏まえた造形が表れ出た、紛れもない「現代の書」が次々に創作された。

 <第4期「心形一致」の時代>

 如流は79年に脳血栓に倒れて右半身不随となったが、奇跡的な復活を遂げる。

 「壽」(80年)▽「坦夷」(81年)▽「丹愚」(87年)など、不屈の精神力と生きる喜びにあふれた高い境地の書が残された。

 ■第2部「書学者如流」

 師・吉田苞竹の影響もあり、如流は拓本収集に傾倒する。日本書道代表団員として訪中した際には持参した現金をはたいた上、借金をしてまで拓本を購入したエピソードが残されている。こうして、「開通褒斜道刻石」「楊淮表紀」「西狹頌」「鄭羲下碑」「論經書詩」などの拓本の名品が集められた。

 49年に西川寧を主幹に招き、自ら編集に携わり書道雑誌「書品」を創刊。日本・中国の書道資料の学術発表の場を設けた。書論、書道史の研究はその後も続き、大東文化大学教授として教えた。

 ■第3部「歌人如流」

  省略しなほ省略して造られし文字の姿にあこがるるなり

  書を書き通したる生涯の終局をひそかにゑがき寂しむ日もあり

 右に掲げた歌を詠んだ如流は「覇王樹」を主宰する歌人でもあった。「水」(71年)▽「風」(84年)▽「松井如流短歌選集」(88年)と3冊の歌集を残している。

 自詠の歌を書いた色紙、短冊、扇面が展示される。

   ◇  ◇

 このほか、川端康成の求めに応じて揮毫(きごう)した全集の題字▽如流から上田桑鳩、平尾孤往に当てた書簡▽愛用の筆墨硯紙(けんし)▽二世中村蘭臺、山田正平、松丸東魚が刻した自用印--なども。
……………………………………………………

 「平安」は個人蔵、印は古河市篆刻美術館蔵、その他は秋田県立近代美術館蔵

==============

 ※「毎日書道展」とあわせての入場となります。
<入場料>一般700円、大学生400円、高校生以下無料。

 <特別記念講演会>7月12日(月)午前10時半、グランドプリンスホテル赤坂新館2階クリスタルパレスで美術評論家・田宮文平氏の講演会「松井如流の人と書」。無料。先着300人。
東京国立博物館平成館で、2010年7月6日(火)~9月5日(日) の間「誕生!中国文明」展が開催されます。



河南省(かなんしょう)は、中国大陸を西から東へ流れる黄河の流域に位置する中国王朝発祥の地です。

かつては幻の王朝とされ、近年中国最初の王朝であったとする説が有力となっている夏(か)の中心地は、河南省にありました。

以後、商(しょう)(殷(いん))、東周(とうしゅう)、後漢(ごかん)、魏(ぎ)(三国時代)、西晋(せいしん)、北魏(ほくぎ)、北宋(ほくそう)などの王朝が河南省に都を置きました。

夏が始まった紀元前2000年ごろから北宋が滅亡した12世紀ごろまで、河南省は中国の政治、経済、文化の中心地として栄えました。

王朝、工芸技術、文字(漢字)など、中国文明を特徴づけるさまざまな要素が、この河南省で生まれ、発展したのです。

この展覧会は、三つのテーマで構成されます。

▽第1部「王朝の誕生」では、文明の誕生と深い関わりをもつ古代王朝の誕生と展開の歴史を、王朝の権威を示す祭器や財宝によって明らかにします。

▽第2部「技の誕生」では、豊かな暮らしへの願望から、中国文明の特色の一つである高度な工芸技術が次々に生まれていった様子を、精緻な工芸品によって示します。
▽第3部「美の誕生」では、現実の世界や宗教的世界を表した書画、彫刻などによって、中国芸術の伝統が遠い昔に生まれ、発展してきたさまを示します。
青銅器、金銀器、漆器、陶磁器、壁画、彫刻、文字資料など、約150件の名品を通じて、中国文明の歴史をだとることができる。


●関連事業


 ◎記念イベント
鳳蘭、田原総一朗、チェンミン 夢のエンタテインメント
文京シビックホール(東京・春日) 2010年7月9日(金) 13:30~16:00


 ◎記念講演会
第1回
平成館 大講堂 2010年7月10日(土) 13:30~15:00
演題:「文字の発生と歩み」
講師:書家 新井 光風 氏


第2回
平成館 大講堂 2010年8月7日(土) 13:30~15:00
演題:「美の競演-中国河南省の文物」
講師:東京国立博物館学芸企画部長 松本 伸之


  平成22年度連続講座
「中国文明の誕生」
平成館大講堂 2010年7月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)の3日間連続  13:00~16:15


 ◎ 記念公演
「チェンミン スペシャルコンサート」
平成館大講堂 2010年7月23日(金)  18:30~19:45
出演:二胡アーティスト チェンミン 氏、中国伝統楽器奏者


「京劇の夕べ-見方・楽しみ方」
平成館大講堂 2010年7月30日(金)  18:30~19:30
出演:京劇俳優 張 紹成 氏 ほか

6月の書道展(首都圏)

カテゴリ : 
書道展・美術展案内

  
saku 2010-5-25 9:11

東京都 〕
開催期間 展覧会名 開催場所 主催,時間など


◇ 2010. 5.21~ 5.25 第2回 周素九篆刻展  
アートスペースK2
  ギャラリー
  (新宿区 神楽坂2)
◇2010. 5.21~ 5.26 第9回 紫苑の会書展  
有楽町朝日ギャラリー
  [有楽町マリオン 11階]
  (千代田区 有楽町2)
◇2010. 5.25~ 5.30 第28回 書海社 師範展  
東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル]
  (中央区 銀座2) 代表:書海社
代表:谷村雋堂
 10:00~18:00
 5/30は、16:00まで
 入場無料
◇2010. 5.25~ 5.30 第35回 書道玄海社 選抜展
 代表作家36名による小品展  
鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 主催:書道玄海社
代表:三上栖蘭
 11:00~19:00
 5/30は、17:00まで

◇2010. 5.29~ 5.30 第39回 学生墨林総合書展
第12回 東京ファミリー書芸展  東京都立産業貿易センター
  浜松町館 2階
  (港区 海岸1) 主催:墨林書道院
代表:遠藤乾翠
 入場無料
◇2010. 5.26~ 5.30 滴翠書展  
イチーズギャラリー
  [イチーズビル 3階]
  (港区 南青山2)
◇2010. 5.26~ 5.31 第33回 かな書展  
日本橋タカシマヤ
  8階 催場
  (中央区 日本橋2) 主催:(社)日本かな
  書道会
代表:富岳凌雲
 10:00~20:00
 5/31は、18:00まで
2010. 5.28~ 6. 2 第25回 書索展  
有楽町朝日ギャラリー
  [有楽町マリオン 11階]
  (千代田区 有楽町2) 11:00~19:00
 6/2は、18:00まで
 入場無料
◇2010. 5.28~ 6. 2 第13回 一水会書展
 [かな書道]  O(オー)美術館
  [大崎ニューシティー
   2号館 2階]
  (品川区 大崎1) 主催:一水会
代表:師田久子
 10:00~18:00
 5/28は、14:00から
 6/2は、16:00まで
◇ 2010. 5. 6~ 6. 4 井上有一「風」  ウナックサロン
  [麻布台ユニハウス112]
  (港区 麻布台1)
◇2010. 5.30~ 6. 5 第4回 無聲會書展  東京交通会館
  地下1階
  エメラルドルーム
  (千代田区 有楽町2)
◇2010. 6. 1~ 6. 6 楽しい傘寿 舘山佳央 書作展  
鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 11:00~19:00
 6/6は、17:00まで
◇2010. 6. 1~ 6. 6 西田茜秋の書
 ~日本のこころを書く~  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 11:00~19:00
 6/6は、17:00まで
◇2010. 6. 1~ 6. 6 第28回 書といけばなの出会い展  
東京セントラル美術館
  [銀座貿易ビル]
  (中央区 銀座2)
◇2010. 6. 1~ 6. 6 第38回 天真同人書展  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル 8階]
  (中央区 銀座2) 主催:天真書道会
代表:小笠原摂燿
 11:00~18:30
 6/6は、17:00まで
2010. 6. 1~ 6. 6 采真書社展  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル]
  (中央区 銀座2) 代表:鈴木春朝
2010. 6. 2~ 6. 6 第7回 五十五春風会 庚寅書展  成増アートギャラリー
  展示室
  (板橋区 成増3) 代表:飯田瑶香
◇2010. 6. 3~ 6. 6 第9回 清泉会・清光会 作品展  
東京芸術劇場
  展示室2
  (豊島区 西池袋1) 主催:清泉会,清光会
代表:清水光重
 入場無料
◇2010. 6. 4~ 6. 6 悠友書道会展  
文京シビックセンター
  ギャラリー
  (文京区 春日1)
◇2010. 4.27~ 6. 6 特別展「龍馬伝」
 ※坂本龍馬ガラス板写真
  3日間限定公開
  4/27(火)~29(木)  
江戸東京博物館
  1階 展示室
  (墨田区 横網1) 主催:東京都江戸東京博物館,NHK,NHKプロモーション
 有料(一般1200円他)
2010. 6. 2~ 6. 7 第45回 瑞雲書道会 公募展
大田区産業プラザPio
  展示ホール
  (大田区 南蒲田1) 主催:瑞雲書道会
 9:00~16:30
 6/7は、14:00まで
◇ 2010. 6. 8~ 6.13 日本詩文書作家協会展
 ~日本の詩歌と書の世界~  
東京セントラル美術館
  [銀座貿易ビル 5階]
  (中央区 銀座2) 主催:日本詩文書作家
  協会
 10:00~18:00
 6/13は、17:00まで
 入場無料
◇2010. 6. 8~ 6.13 第5回 中村蘭台 一門篆刻展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3,4階]
  (中央区 銀座5) 11:00~19:00
 6/13は、17:00まで
◇ 2010. 6.10~ 6.15 第39回 書玄社 現代書展  
松坂屋 銀座店
  別館5階 カトレヤサロン
  (中央区 銀座6) 主催:書玄社
代表:宇留野郁子
 10:30~18:00
 6/15は、17:00まで
◇ 2010. 6. 9~ 6.15 瀧沢青壁 書品展  
松屋 銀座店
  7階 美術画廊
  (中央区 銀座3) 10:00~20:00
◇ 2010. 6.11~ 6.16 第38回 書芸新潮社 書作展  
有楽町朝日ギャラリー
  [有楽町マリオン 11階]
  (千代田区 有楽町2) 代表:山田柊雪
◇2010. 6.10~ 6.20 第38回「日本の書展」東京展  
国立新美術館
  (港区 六本木7)
   主催:(財)全国書美術振興会
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 6/15(火)は休館
 入場無料
◇2010. 6.10~ 6.20 第49回 書象展
 特別企画:俊英選抜5人展  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:書象会
代表:田中節山
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 6/15(火)は休館
◇2010. 5.15~ 6.20 「書跡の美」
 ~古写経・古筆・墨跡~
 開館50周年記念 名品展Ⅱ
 [国宝,重要文化財 多数展示]  五島美術館
  (世田谷区 上野毛3) 10:00~17:00
 入館は、16:30まで
 月曜休館
 有料(一般700円他)
※ギャラリートーク
 5/19(水),6/13(日)
 五島美術館を参照
◇ 2010. 1. 5~ 6.20 「かなの美展」
 熊谷恒子の書
 ~流麗なるかなの軌跡~  熊谷恒子記念館
  (大田区 南馬込4) 9:00~16:30
 入館は、16:00まで
 月曜休館
 有料(一般100円他)
◇ 2010. 6.15~ 6.20 「西村五葉と門人」書展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 代表:西村五葉
 11:00~19:00
 6/20は、17:00まで
◇ 2010. 6.15~ 6.20 第13回 攝心会書展  
鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 主催:小笠原攝耀
 11:00~19:00
 6/20は、17:00まで
◇2010. 6.15~ 6.20 駒崎成峰 書展
 ~今日の自分を書く~
  杜甫と日々を愛し  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル 7階]
  (中央区 銀座2) 主催:駒﨑成峰書展
  実行委員会
 10:00~18:00
 6/20は、16:00まで
 入場無料
◇ 2010. 6.15~ 6.20 第7回 書道蛟龍会展
 特別展示:清人条幅数種  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル 8階]
  (中央区 銀座2) 主催:書道蛟龍会
代表:石川芳雲
 10:00~18:00
 6/20は、17:00まで
2010. 6.17~ 6.20 松嶋楠城 遺墨展  松島ギャラリー
  [松島眼鏡店]
  (中央区 銀座3)
2010. 6. 1~ 6.21 渡辺麗「書・墨・アート展」  座・高円寺
  [杉並芸術会館]
  Gallery アソビバ
  (杉並区 高円寺北2)
2010. 6.24~ 6.27 第28回記念 神龍会書展  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル 8階]
  (中央区 銀座2) 主催:神龍会
代表:三宅剣龍
 10:30~18:00
 6/24は、13:00から
 6/27は、16:00まで
2010. 6.22~ 6.27 第18回 国際架橋書会 選抜展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 主催:国際架橋書会
代表:山本信山
 11:00~19:00
 6/27は、17:00まで
2010. 6.22~ 6.27 柿木小品書展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 主催:柿木会
 11:00~19:00
 6/27は、17:00まで
2010. 6.23~ 6.27 平方峰寿 古稀書展  銀座かねまつホール
  [銀座かねまつ本店
   5階]
  (中央区 銀座6)
2010. 6.25~ 6.27 第56期 書連展  三鷹市芸術文化センター
  展示室
  (東京都 三鷹市) 主催:東京学生書道
  連盟
2010. 6.24~ 6.29 2010 国際書画選抜展  松坂屋 銀座店
  別館5階 カトレヤサロン
  (中央区 銀座6)
2010. 6.26~ 6.30 第34回 東洋書芸院 公募展  上野の森美術館
  本館 1,2階 展示室
  (台東区 上野公園) 主催:東洋書芸院
代表:梅木仙隆
 10:00~17:00
 入場は、16:30まで
 6/30は、15:00まで
 入場無料
2010. 6.23~ 7. 4 第30回 日本教育書道藝術院
 同人書作展  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:日本教育書道藝術院
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 6/23は、正午から
 6/29(火)は休館
 入場無料
2010. 6.29~ 7. 4 日本書鏡院展  東京セントラル美術館
  [銀座貿易ビル]
  (中央区 銀座2) 代表:長谷川耕生
2010. 6.29~ 7. 4 東京寒玉選抜展  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル]
  (中央区 銀座2) 代表:座馬井邨
2010. 6.29~ 7. 4 第81回 斯華会書道展  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル]
  (中央区 銀座2) 代表:小野之右
2010. 7. 1~ 7. 4 第28回 鶏声小品展  東京銀座画廊・美術館
  [銀座貿易ビル]
  (中央区 銀座2) 代表:大森三斎
2010. 6.29~ 7. 4 華心会書展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 代表:叶春華
 11:00~19:00
 7/4は、17:00まで
2010. 6.29~ 7. 4 第11回 村田和子 書展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 主催:村田和子
 11:00~19:00
 7/4は、17:00まで
2010. 6.30~ 7. 4 第2回 青成会 現代書展  銀座アートスペース
  [ギャラリーセンター
   ビル4階]
  (中央区 銀座6) 11:00~18:00
 6/30は、13:00から
 7/4は、17:00まで
2010. 7. 1~ 7. 6 第42回 大道展  上野の森美術館
  本館 1,2階 展示室
  (台東区 上野公園) 9:00~17:00
 入場は、16:30まで
 7/6は、15:00まで
 入場無料
2010. 5.18~ 7.11 中村不折コレクション
 「墓誌銘にみる楷書の美」  書道博物館
  (台東区 根岸2)

   9:30~16:30
 入館は、16:00まで
 月曜休館
 有料(一般500円他)
※ギャラリートーク
 あり (要事前予約)
 左のチラシ参照
2010. 7. 7~ 7.11 第39回 鳴鶴流天溪会 書道展  東京芸術劇場
  5階 展示ギャラリー
  (豊島区 西池袋1) 主催:鳴鶴流天溪会
 入場無料
2010. 7. 7~ 7.12 第62回 毎日書道展 東京展
 [前期展 1期]
 →前期1期:7/ 7~12
  前期2期:7/14~19
  後期1期:7/21~26
  後期2期:7/28~8/1  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:毎日書道会,
  毎日新聞社
 7/13,20,27(火)は
  休館
 全国巡回日程
2010. 7.10~ 7.12 第27回 産経国際書展 東京展
 [第1期]
 →第1期:7/10~12
  第2期:7/13~15
  第3期:7/16~18  サンシャインシティ
  ワールドインポート
  マート Aホール全館
  (豊島区 東池袋3) 主催:産経国際書会,
  産経新聞社
 9:00~17:00
 入場は、16:30まで
 有料(一般500円他)
 全国巡回日程
2010. 7. 9~ 7.14 第51回 日本書鏡院展
 児童生徒の部  O(オー)美術館
  [大崎ニューシティー
   2号館 2階]
  (品川区 大崎1)
2010. 7.13~ 7.15 第27回 産経国際書展 東京展
 [第2期]
  第1期:7/10~12
 →第2期:7/13~15
  第3期:7/16~18  サンシャインシティ
  ワールドインポート
  マート Aホール全館
  (豊島区 東池袋3) 主催:産経国際書会,
  産経新聞社
 9:00~17:00
 入場は、16:30まで
 有料(一般500円他)
 全国巡回日程
2010. 7.14~ 7.17 書莚会 創立60周年 記念展  上野の森美術館
  本館 1,2階、ギャラリー
  展示室
  (台東区 上野公園) 10:00~17:00
 入場は、16:30まで
 7/17は、15:00まで
 入場無料
2010. 7.16~ 7.18 第27回 産経国際書展 東京展
 [第3期]
  第1期:7/10~12
  第2期:7/13~15
 →第3期:7/16~18  サンシャインシティ
  ワールドインポート
  マート Aホール全館
  (豊島区 東池袋3) 主催:産経国際書会,
  産経新聞社
 9:00~17:00
 入場は、16:30まで
 有料(一般500円他)
 全国巡回日程
2010. 7.13~ 7.18 第17回 明日香会 書展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 代表:山﨑暁子
 11:00~19:00
 7/18は、17:00まで
2010. 7.13~ 7.18 あーと書 個展
 (書と絵のハーモニー)  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 代表:末岡翠香
 11:00~19:00
 7/18は、17:00まで
2010. 7.14~ 7.19 第62回 毎日書道展 東京展
 [前期展 2期]
  前期1期:7/ 7~12
 →前期2期:7/14~19
  後期1期:7/21~26
  後期2期:7/28~8/1  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:毎日書道会,
  毎日新聞社
 7/13,20,27(火)は
  休館
 全国巡回日程
2010. 7.13~ 7.19 第5回 日本書道教育学会
 全国支局・支部長 作品展  東京芸術劇場
  5階 展示ギャラリー
  (豊島区 西池袋1) 主催:(財)日本書道教育学会
 入場無料
2010. 7.16~ 7.21 龍峡書道会 小品展  O(オー)美術館
  [大崎ニューシティー
   2号館 2階]
  (品川区 大崎1)
2010. 7.18~ 7.23 第45回 北城書社展  上野の森美術館
  本館 2階 展示室
  (台東区 上野公園) 10:00~17:00
 入場は、16:30まで
 7/23は、15:00まで
 有料(一般 500円)
2010. 7.22~ 7.23 第39回公募 全日本青少年
 書写書道展  豊島区民センター
  [コア・いけぶくろ]
  1階 展示場
  (千代田区 有楽町1) 主催:日本書学協会
2010. 7.20~ 7.25 東京学芸大学 第11期 書作展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 主催:東京学芸大学
 11:00~19:00
 7/25は、17:00まで
2010. 7.20~ 7.25 加藤豊仭・般若堂 表装二人展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 11:00~19:00
 7/25は、17:00まで
2010. 7.20~ 7.25 臨書と自由書作品コンクール  東京芸術劇場
  展示室 1,2
  (豊島区 西池袋1) 主催:児童の書を
  考える会
 入場無料
2010. 7.21~ 7.25 武田双龍 主宰 ふたばの街
 第2回 monochrome展  東京芸術劇場
  5階 展示ギャラリー
  (豊島区 西池袋1) 主催:ふたばの街
  書道教室
 入場無料
2010. 7.21~ 7.26 第62回 毎日書道展 東京展
 [後期展 1期]
  前期1期:7/ 7~12
  前期2期:7/14~19
 →後期1期:7/21~26
  後期2期:7/28~8/1  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:毎日書道会,
  毎日新聞社
 7/13,20,27(火)は
  休館
 全国巡回日程
2010. 7.24~ 7.28 第37回 雪心会 選抜書作展  上野の森美術館
  本館 1,2階 展示室
  (台東区 上野公園) 主催:雪心会
 10:00~17:00
 入場は、16:30まで
 7/28は、15:00まで
 有料(一般 500円他)
2010. 7.28~ 8. 1 第62回 毎日書道展 東京展
 [後期展 2期]
  前期1期:7/ 7~12
  前期2期:7/14~19
  後期1期:7/21~26
 →後期2期:7/28~8/1  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:毎日書道会,
  毎日新聞社
 7/13,20,27(火)は
  休館
 全国巡回日程
2010. 7.27~ 8. 1 第37回 洗心書会 幹部書作展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店
  3,4階]
  (中央区 銀座5) 代表:新倉禾扇
 11:00~19:00
 8/1は、17:00まで
2010. 7.29~ 8. 2 第11回 高校生国際美術展
 [書,美術(絵画,デザイン,
  イラストなどの平面,立体
  作品)]  上野の森美術館
  本館 1,2階、ギャラリー
  展示室
  (台東区 上野公園) 主催:高校生国際美術
  展実行委員会
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 8/2は、15:00まで
 入場無料
2010. 8. 4(水)のみ 第44回 曹洞宗 青少年書道展
 テーマ:環境  よみうりホール
  (千代田区 有楽町1) 主催:曹洞宗
2010. 8. 3~ 8. 8 姫野和香 個展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 主催:姫野和香
 11:00~19:00
 8/8は、17:00まで
2010. 8. 3~ 8. 8 第6回 四支の会書展
 (今川佳香,髙柳東江,
  白井聖雲,山口廣志)  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 11:00~19:00
 8/8は、17:00まで
2010. 8.10~ 8.15 宮重小蘭と門下展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店
  3,4階]
  (中央区 銀座5) 11:00~19:00
 8/15は、17:00まで
2010. 8. 4~ 8.16 第45回 貞香書展  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:貞香会
代表:赤平泰処
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 8/10(火)は休館
2010. 8.17~ 8.22 昌熾会 選抜書展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店3階]
  (中央区 銀座5) 代表:弓納持太無
 11:00~19:00
 8/22は、17:00まで
2010. 8.17~ 8.22 第23回 秀門社展  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店4階]
  (中央区 銀座5) 主催:秀門社
 11:00~19:00
 8/22は、17:00まで
2010. 8.20~ 8.29 第27回 読売書法展 東京展 ・国立新美術館
  (港区 六本木7)
  8/24(火)は休館
・サンシャインシティ
  文化会館
  (豊島区 東池袋3) 主催:読売書法会,
  読売新聞社
 全国巡回日程
2010. 8.24~ 8.29 第18回 開玄社書展
 ~中村雲龍とその仲間たち~  鳩居堂画廊
  [東京鳩居堂 本店
  3,4階]
  (中央区 銀座5) 代表:中村雲龍
 11:00~19:00
 8/29は、17:00まで
2010. 8.27~ 8.29 第45回記念 高野山競書書展大会
 関東地区 優秀作品展示  高野山東京別院
  (港区 高輪3) 主催:高野山総本山
  金剛峯寺
2010. 9.18~ 11. 3 生誕260年 仙厓
 ~禅とユーモア~  出光美術館
  [帝劇ビル 9階
  出光専用エレベーター]
  (千代田区 丸の内3) 10:00~17:00
 入館は、16:30まで
 金曜は、19:00まで
 入館は、18:30まで
 月曜は休館
 有料(一般1000円他)
2010.10.29~ 12. 5 第42回 日本美術展覧会
 [日本画,洋画,彫刻,
  工芸美術,書]  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:(社)日展
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 火曜日は休館
 有料
2010.12. 8~ 12.19 第17回 雪舟国際美術協会展
 [日本画,水墨画,俳画,
  仏画,書]  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:雪舟国際美術協会
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 12/14(火)は休館
2010.12. 8~ 12.20 第28回 白峰社書展  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:白峰社
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 12/14(火)は休館
2010.12. 8~ 12.20 第23回 国際架橋書展  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:国際架橋書会
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 12/14(火)は休館
2010.12. 8~ 12.20 第39回 全書芸展  国立新美術館
  (港区 六本木7) 主催:全日本書芸文化院
 10:00~18:00
 入場は、17:30まで
 12/14(火)は休館





 
〔 関東 〕 ( 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川 )
開催期間 展覧会名 開催場所 主催,時間など


2010. 5.21~ 5.25 第13回 蒼芝文会書展  ゴールデンギャラリー
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市) 代表:丹羽蒼処
2010. 5.23~ 5.29 東海村芸術祭 [書道部門]  東海ステーション
  ギャラリー
  (茨城県 東海村) 主催:東海村芸術祭
  実行委員会
2010. 5.28~ 5.30 第27回 比刀根書道会展  群馬県民会館
  [ベイシア文化ホール]
  展示室
  (前橋市 日吉町1) 主催:比刀根書道会
 10:00~17:00
 5/30は、16:00まで
2010. 5.28~ 5.30 2010年 海墨古典臨書展  埼玉会館
  第1展示室
  (さいたま市) 主催:日本海墨書藝院
 5/28は、13:00から
 5/30は、17:00まで
2010. 5.28~ 5.30 全国習作書展 清書作品展  埼玉会館
  第3展示室
  (さいたま市) 主催:日本書教育連盟
 10:00~17:00
 5/28は、13:00から
 5/30は、16:00まで
2010. 5.24~ 5.30 日・朝友好展 第48回展
 [油絵,水彩画,日本画,写真,
  書,彫刻,陶芸,工芸]  横浜市民ギャラリー
  3階 A,B展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:日・朝友好展
  運営委員会
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 5/30は、16:00まで
2010. 5.27~ 5.30 第43回 白鳳書道展  茅ヶ崎市市民文化会館
  展示室
  (神奈川県 茅ヶ崎市) 主催:白鳳書道研究会
代表:二宮珠鳳
 10:00~18:00
 5/30は、17:00まで
 入場無料
2010. 5.28~ 5.30 楽書展  横須賀市はまゆう会館
  展示ギャラリー
  (神奈川県 横須賀市) 主催:楽書会
代表:上薗和江
 10:00~17:00
 5/28は、正午から
 5/30は、15:00まで
 入場無料
2010. 5.28~ 5.31 第13回 入木会書展  柏市民ギャラリー
  [柏高島屋ステーション
  モール8階]
  (千葉県 柏市)
2010. 5.27~ 5.31 喜寿記念 小久保嶺石 書作展
 秩父展  矢尾百貨店
  5階 美術サロン
  (埼玉県 秩父市) 主催:小久保嶺石
 10:00~19:00
 5/31は、17:00まで
2010. 5.29~ 5.31 「吉田春翠の世界五十年」
 春翠書院書法展  鎌倉芸術館
  ギャラリー1,3
  (神奈川県 鎌倉市) 主催:鎌倉書道協会
代表:吉田春翠
 9:00~20:00
 5/31は、17:00まで
2010. 5.28~ 5.31 第44回 清尚書展  横須賀市文化会館
  市民ギャラリー1,2
  (神奈川県 横須賀市) 主催:清尚会
代表:山中苔泉
 10:00~17:00
 5/31は、16:00まで
 入場無料
2010. 6. 4~ 6. 6 第33回 嶺南書道会展  群馬県民会館
  [ベイシア文化ホール]
  展示室
  (前橋市 日吉町1) 主催:嶺南書道会
 9:00~17:00
 6/4は、13:00から
 6/6は、15:00まで
2010. 6. 3~ 6. 6 第33回 高根沢町書道連盟書展  栃木県総合文化センター
  ギャラリー
  (宇都宮市) 主催:高根沢町書道
  連盟
 9:00~18:00
 6/3は、13:00から
 6/6は、17:00まで
2010. 5. 5~ 6. 6 MBHモンゴル書道展  アートスペース BASAC
  1階 BASAC
  (千葉県 市川市) 主催:モンゴル文字会
 11:00~18:00
 入場は、17:30まで
 火,水曜日は定休日
 イベントあり
 入場無料
※詳細 (下段へ)
2010. 6. 1~ 6. 6 第47回 神奈川ペン書道会展  神奈川県民ホール
  ギャラリー
  第3,5展示室
  (横浜市) 主催:神奈川ペン
  書道会
代表:川口流坡
 9:00~18:00
 入場無料
2010. 5.31~ 6. 6 こうなん綜合美術展
 [油彩,水彩,水墨画,版画,
  書,陶芸,工芸]  横浜市民ギャラリー
  3階 C展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:こうなん文化
  交流協会
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 6/6は、16:00まで
2010. 6. 3~ 6. 6 第10回 小竹の葉会書展  鎌倉芸術館
  ギャラリー2
  (神奈川県 鎌倉市) 代表:遠藤正
 10:00~18:00
 6/3は、13:00から
 6/6は、17:00まで
2010. 6. 3~ 6. 8 第16回 星翠雲社中 翠籟会書展  ギャラリー守玄斎
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市) 代表:荒井翠邨
2010. 6. 8~ 6.13 第14回 紫流書道会展  つくば美術館
  展示室
  (茨城県 つくば市)
2010. 6.10~ 6.13 第23回 桂香会書展  船橋市民ギャラリー
  [スクエア21ビル3階]
  展示室
  (千葉県 船橋市)
2010. 6.11~ 6.14 武相春秋会 書作展  相模原市民ギャラリー
  [JR相模原駅ビル
  NOW 4階]
  第1,2展示室
  (神奈川県 相模原市) 10:00~18:00
 6/11は、14:00から
 6/14は、16:00まで
2010. 6.11~ 6.15 花影会 書道展  ひまわりの郷
  [港南区民文化センター
  上大岡駅 駅ビル4階]
  (横浜市) 主催:花影会
 10:00~17:00
 6/15は、15:30まで
2010. 6.15~ 6.20 鐫とう会 刻字作品展  古河街角美術館
  展示室
  (茨城県 古河市)
2010. 6.17~ 6.20 第11回 グループ「燿」習作書展  守谷市民ギャラリー
  [守谷市市民交流プラザ]
  (茨城県 守谷市) 代表:白沢竹峰
2010. 6.17~ 6.20 第5回 実用小筆書道弦洞会
 共同作品展  埼玉会館
  第2展示室
  (さいたま市) 主催:実用小筆書道
   弦洞会
 9:00~17:00
 6/17は、13:00から
 6/20は、15:00まで
2010. 6.17~ 6.20 第6回 書春会書展  相模原市民ギャラリー
  [JR相模原駅ビル
  NOW 4階]
  第1展示室
  (神奈川県 相模原市) 10:00~18:00
 6/17は、14:00から
 6/20は、16:00まで
2010. 6.19~ 6.22 亀田書道会 書作展  埼玉会館
  第3展示室
  (さいたま市) 主催:亀田書道会
 6/19は、13:00から
 6/22は、15:00まで
2010. 6.18~ 6.22 第13回 好古会書展  ゴールデンギャラリー
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市)
2010. 4.24~ 6.24 第4回 許我篆書展  篆刻美術館
  展示室
  (茨城県 古河市) 9:00~17:00
 入館は、16:30まで
 月曜,祝日の翌日,
 毎月第4金曜休館
2010. 6.22~ 6.24 大久保暢水 かな書作展  大宮ソニックシティ
  市民ホール403
  (さいたま市 大宮区) 10:00~18:00
 6/24は、17:00まで
2010. 6.25~ 6.27 第41回 洗心書道・水墨画展  市川市文化会館
  展示室
  (千葉県 市川市) 主催:洗心書会
代表:氏家禾有
 10:00~17:00
 6/27は、16:00まで
 入場無料
2010. 6.26~ 6.27 第34回 一心書道会展  埼玉会館
  第3展示室
  (さいたま市) 主催:一心書道会
 6/26は、13:00から
 6/27は、15:00まで
2010. 6.22~ 6.27 第20回記念 国際書画芸術展  神奈川県民ホール
  ギャラリー
  第1~5展示室
  (横浜市) 主催:国際書画芸術協会
 9:00~18:00
 入場無料
2010. 6.26~ 6.29 第37回 書団総日展
 日本実芸書道院 書道展覧会  さいたま市文化センター
  展示室
  (さいたま市 南区) 主催:書団総日展
  日本実芸書道院
 9:00~17:00
 6/29は、13:00まで
 6/28(月)は休館
 入場無料
2010. 6.29~ 7. 4 鳳龍会 書道展  古河街角美術館
  展示室
  (茨城県 古河市)
2010. 6.30~ 7. 4 第36回 神奈川県民書道展  神奈川県民ホール
  ギャラリー
  第2~5展示室
  (横浜市) 主催:神奈川県民書連
代表:木内泉城
 9:00~18:00
 入場無料
2010. 6.29~ 7. 4 第25回 21世紀国際書展 ・横浜市民ギャラリー
・ゴールデンギャラリー
・ギャラリー守玄斎
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ3階]
  (横浜市) 主催:産経新聞
  横浜総局
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 7/4は、16:00まで
2010. 7.12~ 7.18 第5回 蒼木かな展   みなとみらいギャラリー
  [クイーンズスクエア
  横浜クイーンモール2階]
  (横浜市)
2010. 7.17~ 7.20 中井史朗 遺墨展
 第45回 素心社書展  栃木県総合文化センター
  ギャラリー
  (宇都宮市) 主催:素心社
 9:00~18:00
 7/20は、16:00まで
2010. 7.22~ 7.25 第10回記念 高芸文會書道展  栃木県総合文化センター
  ギャラリー
  (宇都宮市) 主催:高芸文會
代表:鈴木源泉
 10:00~18:00
 7/22は、正午から
 7/25は、16:00まで
2010. 7.17~ 7.25 啓新書道展  茂原市立美術館
  第1展示室
  (千葉県 茂原市)  7/17は、13:00から
 7/25は、16:00まで
2010. 7.23~ 7.25 神奈川県表具経師
 内装協同組合 主催の
 表具教室生徒による作品展  鎌倉芸術館
  ギャラリー3
  (神奈川県 鎌倉市) 代表:矢沢秀夫
 10:00~17:00
 7/23は、10:30から
 7/25は、16:00まで
2010. 8. 5~ 8. 8 第45回記念 官公書展  神奈川県民ホール
  ギャラリー
  第1~5展示室
  (横浜市) 主催:官公書道連盟
代表:和田善一
 9:00~18:00
 8/8は、14:30まで
 入場無料
2010. 8. 7~ 8.10 第36回 現代書人展  鎌倉芸術館
  ギャラリー1~3
  (神奈川県 鎌倉市) 主催:現代書人連盟
 11:00~18:00
 8/10は、17:00まで
2010. 8. 7~ 8.13 關濱印人會 第17回 篆刻展  横浜市民ギャラリー
  2階 展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:關濱印人會
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 8/13は、16:00まで
2010. 8. 7~ 8.13 神奈川独立書展  横浜市民ギャラリー
  3階 A,C展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:(財)独立書人団
  神奈川県支部
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 8/13は、16:00まで
2010. 8. 7~ 8.13 青少年毎日書道展  横浜市民ギャラリー
  2階 B展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:(財)独立書人団
  神奈川県支部
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 8/13は、16:00まで
2010. 8.14~ 8.20 第58回 浜書展  横浜市民ギャラリー
  3階 全展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:横浜書道連盟
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 8/20は、16:00まで
2010. 7.31~ 8.21 茂原市書道協会展  茂原市立美術館
  第1展示室
  (千葉県 茂原市)  7/31は、9:00から
 8/21は、16:00まで
2010. 6.26~ 8.26 第2回 日本篆刻家協会
 役員展 (巡回展)  篆刻美術館
  展示室
  (茨城県 古河市) 主催:日本篆刻家協会
 9:00~17:00
 入館は、16:30まで
 月曜,祝日の翌日,
 毎月第4金曜休館
2010. 8.24~ 8.30 第59回 書作展  横浜市民ギャラリー
  3階 全展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:横浜書作協会
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 8/30は、16:00まで
2010. 8.26~ 8.31 第19回 静墨展  ゴールデンギャラリー
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市) 代表:茶木静谷
2010. 8.31~ 9. 6 第54回 凌雲書展  横浜市民ギャラリー
  3階 全展示室
  [JR桜木町駅前
  ぴおシティ]
  (横浜市) 主催:凌雲社
 10:00~18:00
 入館は、17:45まで
 8/31は、15:00から
 9/6は、16:00まで
2010. 9. 9~ 9.14 墨玄会書展  ゴールデンギャラリー
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市) 代表:遠藤岑翠
2010. 9. 8~ 9.19 第46回 神奈川県美術展 1期展
 [工芸,書,写真]  神奈川県民ホール
  ギャラリー
  第1~5展示室
  (横浜市) 主催:神奈川県美術展委員会
 9:00~18:00
 入場無料
2010. 9.22~ 9.26 第14回 筑波研究学園都市
 全日本連合書道選抜展  つくば美術館
  展示室
  (茨城県 つくば市)
2010. 9.22~ 9.26 及川菱城 個展
 第11回 菱城会展  みなとみらいギャラリー
  [クイーンズスクエア
  横浜クイーンモール2階]
  (横浜市)
2010.10. 5~ 10.10 創雅書道展  みなとみらいギャラリー
  [クイーンズスクエア
  横浜クイーンモール2階]
  (横浜市)
2010. 9.16~ 10.16 小高暎帶(おだかえいたい)
 遺作展  茂原市立美術館
  第1展示室
  (千葉県 茂原市)
2010.10.22~ 10.26 第22回 右心会展  ゴールデンギャラリー
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市) 代表:春山右濤
2010.11. 5~ 11.10 第44回 春秋会書作展  ゴールデンギャラリー
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市) 代表:松根和雄
2010.11.30~ 12. 5 第27回 神奈川産経百選書展 ・ゴールデンギャラリー
・ギャラリー守玄斎
  [ぴおシティ 3階]
  (横浜市)