検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 420
昨日 : 4681
今週 : 28761
今月 : 89133
総計 : 11600310
平均 : 2403

書道用語辞典

分類(カテゴリー)別   書道用語..文房四宝(書道用品)..人物..分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別 あ行..か行..さ行..た行..な行..は行..ま行..や行..ら行..わ・ん
ひらがな..カタカナ..アルファベット..数字..記号..漢字..すべて

難波津なにわづ


 平安時代の手習い用のことばで、 「難波津に咲くやこの花冬ごもり今を春べと咲くやこの花」 の歌を指します。
  『古今和歌集』 の仮名序に 「うたのちちははのようにてぞ、 てならふ人の、 はじめにもしける」 (歌の父と母のように尊重され、 習字をする人が最初に習うものとしている) とあり、 古くから手習い用の手本として使われていたことがわかります。 また、 『源氏物語』 (若紫) には 「なにはづをだにはかばかしう続け侍らざめれば」 (まだ難波津の歌さえも満足に続け書きができないようですから) などの記述があります。





アマゾンで「難波津」を検索


Powered by Xwords based on Wordbook


リンクス出版 新刊情報
A5判 定価864円 (本体800円+税)
著者 武井 実
ISBN4-9905504-0-0

書道を学ぶ上において、書道特有の用語を知っておくことは何よりも大切で、書の理解を促しまた書技の向上にもつながります。
本著は、書道用語をわかり易く解説するとともに、書道の用具用材の中でもっとも大切な「文房四宝」と呼ばれる、筆・墨・硯・紙について、また書作品の制作・鑑賞に役立つ、落款の書き方・印・十干十二支について、さらに中国と日本の簡単な書道史および略年表、そして歴代の書人にまつわるエピソードなどを掲載しました。
本著が書道を学ぶ方々の手助けとなり、書道を学ぶことの楽しさを味わっていただければ幸いです。