検索
リンクスグループ
アクセスカウンタ
今日 : 2277
昨日 : 4776
今週 : 11765
今月 : 74961
総計 : 11858582
平均 : 2427

書道用語辞典

分類(カテゴリー)別   書道用語..文房四宝(書道用品)..人物..分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別 あ行..か行..さ行..た行..な行..は行..ま行..や行..ら行..わ・ん
ひらがな..カタカナ..アルファベット..数字..記号..漢字..すべて

印泥いんでい


 書作品に印を押すときに使う印肉のことです。 朱肉ともいいますが、 普通の認印などを押す場合に使う朱肉とは違います。 印泥は朱の顔料と油と艾<もぐさ>とを調合したもので、 中国製と日本製がありますが、 中国製の方が繊維が緻密で使いやすいようです。 市販されているものも中国製が多く、 光明<こうみょう>・美麗<びれい>・箭鏃<せんぞく>などという銘柄が一般的です。
 印泥は蓋付の陶製の器に入れられています。 買ったそのままではあまり印泥が印面に付きませんので、 平らな状態になっているものを付属のプラスチック製の小さなヘラでよく練って丸い団子状にして印泥が付きやすくすることが必要です。 基本的に使用する前には練り直すようにするとよいでしょう。
 印泥の器を手に持った方が使いやすく、 一度ではうまく印泥が付きませんので、 ある程度の印泥が印面に均等に付くよう何回か繰り返すことが必要です。





アマゾンで「印泥」を検索


Powered by Xwords based on Wordbook


リンクス出版 新刊情報
A5判 定価864円 (本体800円+税)
著者 武井 実
ISBN4-9905504-0-0

書道を学ぶ上において、書道特有の用語を知っておくことは何よりも大切で、書の理解を促しまた書技の向上にもつながります。
本著は、書道用語をわかり易く解説するとともに、書道の用具用材の中でもっとも大切な「文房四宝」と呼ばれる、筆・墨・硯・紙について、また書作品の制作・鑑賞に役立つ、落款の書き方・印・十干十二支について、さらに中国と日本の簡単な書道史および略年表、そして歴代の書人にまつわるエピソードなどを掲載しました。
本著が書道を学ぶ方々の手助けとなり、書道を学ぶことの楽しさを味わっていただければ幸いです。