アーカイブ
検索
リンクスグループ
高品位印刷はココ!
アクセスカウンタ
今日 : 6991699169916991
昨日 : 9603960396039603
今週 : 1659416594165941659416594
今月 : 305626305626305626305626305626305626
総計 : 8047415804741580474158047415804741580474158047415
平均 : 1932193219321932

書道用語辞典

分類(カテゴリー)別   書道用語..文房四宝(書道用品)..人物..分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別 あ行..か行..さ行..た行..な行..は行..ま行..や行..ら行..わ・ん
ひらがな..カタカナ..アルファベット..数字..記号..漢字..すべて

さ行


(1) 2 3 »

最澄さいちょう

用途:書道用語  解説: 最澄 (767〜822) は平安時代初期の僧で、 天台宗の開祖として知られて...

嵯峨天皇さがてんのう

用途:書道用語  解説: 嵯峨天皇 (786〜842) は平安時代初期の天皇で、 詩文・書をよくし、 ...

冊子本さっしぼん

用途:書道用語  解説: 書物の装丁形式の一つで、 巻子本<かんすぼん> (巻物のこと) と違...

三稿さんこう

用途:書道用語  解説: 顔真卿<がんしんけい>の書いた三つの草稿本である、 「祭姪文稿<...

三色紙さんしきし

用途:書道用語  解説: 平安時代に書写された三つの色紙、 「寸松庵<すんしょうあん>色紙...

三跡さんせき

用途:書道用語  解説: 平安時代中期の和様書の能書家である、 小野道風<おののみちかぜ>...

三筆さんぴつ

用途:書道用語  解説: 平安時代初期の能書家である、 空海<くうかい> (弘法大師・774〜835...

色紙しきし

用途:書道用語  解説: 方形で小型の厚紙でできた料紙のことで、 書や画を揮毫するのに用い...

史晨碑ししんひ

用途:書道用語  解説: 史晨碑は後漢時代の建寧二年 (169) に建てられたもので、 代表的な隷...

試筆しひつ

用途:書道用語  解説: 新年に初めて文字を書くことをいいます。 正月二日に恵方<えほう> ...

写経しゃきょう

用途:書道用語  解説: 仏教の経文を書き写すことで、 日本においては六世紀の仏教伝来とと...

写経所しゃきょうじょ

用途:書道用語  解説: 奈良時代・天平十三年 (741) ころから国家事業である写経を行う役所...

集字聖教序しゅうじしょうぎょうじょ

用途:書道用語  解説: 中国・唐時代 (672年) の碑で、 王羲之の行書を集字して刻したもので...

十七帖じゅうしちじょう

用途:書道用語  解説: 王羲之の尺牘<せきとく> (書簡) 二十九通を集めて刻したもので、 ...

収筆しゅうひつ

用途:書道用語  解説: 点画の終わりの部分のことで、 終筆ともいいます。 その形に、 止め・...

宗峰妙超しゅうほうみょうちょう

用途:書道用語  解説: 宗峰妙超 (1282〜1337) は鎌倉時代後期の臨済<りんざい>宗の僧で、 ...

祝允明しゅくいんめい

用途:書道用語  解説: 祝允明 (1460〜1526) は字<あざな>は希哲<きてつ>、 号は枝山<し...

入木じゅぼく

用途:書道用語  解説: 書道のことを指すことばで、 王羲之<おうぎし>が木の板に字を書い...

潤渇じゅんかつ

用途:書道用語  解説: よく墨を含んだ筆で書いた墨量のある線 (潤筆) と、 墨含みの少ない...

松花堂昭乗しょうかどうしょうじょう

用途:書道用語  解説: 松花堂昭乗 (1584〜1639) は江戸時代初期の僧で、 「寛永三筆」 の一人...



(1) 2 3 »




Powered by Xwords based on Wordbook


リンクス出版 新刊情報
A5判 定価864円 (本体800円+税)
著者 武井 実
ISBN4-9905504-0-0

書道を学ぶ上において、書道特有の用語を知っておくことは何よりも大切で、書の理解を促しまた書技の向上にもつながります。
本著は、書道用語をわかり易く解説するとともに、書道の用具用材の中でもっとも大切な「文房四宝」と呼ばれる、筆・墨・硯・紙について、また書作品の制作・鑑賞に役立つ、落款の書き方・印・十干十二支について、さらに中国と日本の簡単な書道史および略年表、そして歴代の書人にまつわるエピソードなどを掲載しました。
本著が書道を学ぶ方々の手助けとなり、書道を学ぶことの楽しさを味わっていただければ幸いです。